クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて…最近改めて考えることがあります。

占い師の集客に必要なのは、一体なんだろう?」と。

そして、その時思い出すあるエピソードがあります。

数年前、私が占い会社のコールセンター統括責任者の頃の話です。

ある占い師から相談の連絡が入りました。

相談内容は「指名が取れない」ということ。

つまり、お客さんがつかない、ということです。

そして、その占い師はこのような質問をしてきました。

「私のキャッチコピーが悪いんじゃないかと思うんです。

肩書きやキャッチコピー、そして『売り』をもう少し工夫したいのですが、どうでしょうか?」

私達には「意識化しやすいもの」「意識化しにくいもの」の2つがあります。

「意識化しやすいもの」とは、この場合だと肩書きや宣伝文、キャッチコピーがそうですよね。

相談者の相談内容も、占い師が直接聞くわけですから「意識化しやすい」ものに当てはまります。

私たちは何か問題があると、どうしても「まず意識しやすいもの」から解決しようとします。

これはしかし、当然といえば当然です。

なぜなら、問題意識があるときに真っ先に頭をよぎるものなのですから。

「集客」という枠で考えると、この辺は非常に重要です。

しかし、「意識化されないもの」は文字通り意識が向かない分だけ、盲点を作ります。

さらにその盲点は、その人に属するものがどうしても多くなります。

ゆえに、気が付かないし、気がついてもプライドが邪魔をして…という話になってしまいます。

占い師としてのミスカトニックは、実は飛び抜けてすぐれたスキルを持っているという訳ではありません。

私の場合、非常に早口で、かつ難しい単語を使いがちになる癖があります。

これだけを考えると、相談者とのコミュニケーションに問題が発生することは想像に難しくありません。

これは私にとって「意識化しにくい」領域に当たります。

だから、何かの方法で自分を振り返り、問題を発見し、そして修正するという作業が必要になります。

この「振り返り→発見→修正のプロセスをきちんとしている人は、いつか必ず結果を出すことができます。

そもそも集客とは、私達占い師が提供しているサービスへの道筋をつくる手段でしかありません。

その提供しているサービスの水準がどの程度のものかという点は、集客以上に気を使うべきところです。

どうしても集客に意識が向くという気持ちもよくわかります。

ただ、「そもそも私の占いは…」という視点を出来るだけ意識するようにしてみてください。

そうすると、本当に色々な発見があることに驚かれるでしょう。

では!

【関連記事】
売れる占い師の5つの条件【人気占い師実力養成講座】
あなたの壁は集客のせい?
集客に必要なたった一つのカンタンな事【人気占い師のためのカンタン集客法】

人気ブログランキング



ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「稼げる人気占い師・セラピスト・ヒーラー養成集客講座」

 

■稼げる占い師になるためのコンサルティング

■悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)