皆さん、こんにちは!

 

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

最初にお知らせから!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

11月23日東京にてスピリチュアリストさんが業界で活躍するためのノウハウをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ゼロから占い師を目指すための勝ち残り戦略セミナー

 

11月24日に東京にてウェイト版タロットのリーディングをさらに向上させるテクニックをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ウェイト版タロットリーディング講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.385
~占いだけでなく占い以外のノウハウも知っておくべき理由~

 

占いには、「狭い意味」と「広い意味」があります

 

狭い意味の占いとは、占って結果を教えて「はい、おしまい」というパターン

 

占ってもらう人が、単なる好奇心であったり、そもそも悩みがない場合、エンターテイメントとして占いを楽しみたいという場合は、狭い意味での占いが重宝されます

 

でも、クライアントが悩みを抱えていたり、問題解決を占いに求める場合、「広い意味での占い」が必要となります

 

広い意味での占いとは、「占いを根拠にしてアドバイスをする」というもの

 

医療で例えると、CTスキャンや血液検査が占いになるわけです

 

では、診断や治療が何に相当するかというと、占い師さんが持っているスキルやノウハウになります

 

というのは、(反感を恐れずに言うと)占いでできることには限界があり、細かいアドバイスや具体的な行動等を占いから導き出すことを、占いは得意としていません

 

例えば、片思いの人と恋愛関係になりたいという場合

 

占いなら、相性や相手の性格から見た攻略法の方向性、告白するタイミングなどを見ることができるでしょう

 

でも、

「どのようなをしたらいい?」
「ラインの内容は何にしたらいい?」

という質問については、答えられなくもないのでしょうが、どうしても方向性を示すのみ、ということになっちゃうんですね

 

また、さらに込み入った相談だと、占いだけでできることには限界が生じます

 

例えば…

「大喧嘩の挙句、復縁したいけど、相手はいまラインを無視している状態。どうしたら復縁まで持っていける?できれば結婚もしたい」

となると、ある程度占い師として解決のノウハウを持っていないと厳しいですよね

 

アドバイスのストックが必要になるのはこうした場面です

 

また、相手が持っている解決能力を引き出すというのも大切になってきます

 

なので、狭い意味での占いの技量を磨くことは当然ですが、広い意味での占いの技量、つまりアドバイスのストックや質問を上手にするスキルなども高めてくださいね!

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】