クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、今日のブログ記事は、例え話からスタートします

ある夫婦がいます

旦那さんは、典型的なワーカホリック。

しかも、精神的に余裕がなく、いつもピリピリしています。

仕事に振り回される毎日で、奥さんの事はいつも後回し。

対外的には、とても頼りにされているのでしょう。

でも、奥さんは知っています。

旦那さんが仕事に忙殺されるのは、対外的な関係を壊したくない、という恐怖によるものであることを。

そして、奥さんが旦那さんに「私の事を振り向いて」「もっと私にも関心をもって」と言っても、旦那さんは上の空。

こうした男性を、皆さんはどう思うでしょうか。

きっと、多くの方は「あるある~」と思われたでしょう。

そして、奥さんの境遇に若干の同情心も沸いたかも。

でも、この旦那さん。

実は、私たちのクライエントの姿でもあります。

多くのクライエントは、自分の外の世界に振り回されています

悩みを抱えているのですから、振り回されるのは当然です。

しかし、その結果生じるのは、自分自身への関心の薄さです。

だから、どんどんと自分の事がいい加減になっていきます。

そうすると、まるで暴風に晒された木のように、いつかドーンと倒れてしまう。

「心が折れる」というのは、まさにこの状態ですよね

心療内科に通うクライエントの多さを考えると、クライエントが晒されている心労は察して余りあります。

自分に関心がない分だけ、自分に根がない状態になってしまう。

そうすると、次第に心の耐性が弱くなってしまいます

そうした危機感と言うのは、私たち占い師は少なからず持っています

ゆえに、クライエントに対して私たちはこう言います

「もっと、自分を愛して、大事にして」と

でも、こうしたメッセージがクライエントの心には届きません。

なぜなら、ちょっと抽象的にすぎるからなんですね。

愛し方が分からない、接し方が分からない。

追いかけているはずの相手も分からなければ、自分自身さえも分からなくなってしまう。

これは大変困ったことですよね

だから、私は務めて「自分との付き合い方」をクライエントに説明するようにしています。

いま、クライエントの心は、クライエントに何をしてもらいたいのか。

何を望んでいるのか。

自分という安心できる場所さえあれば、クライエントはいつでも安心して頑張れます。

その安心できる自分を作る事のお手伝いをしませんか?

コツは、自分と接する時間を作ってあげることです。

少しゆっくりとした時間を作って、自分のためだけに使うのです。

時々、頭に悩み事がよぎる瞬間もあるでしょうが、それでも切り替えて自分のために時間を使います

ただし、その時間を使う際は、アルコールはNG。

その代り、ココロを込めてお肌のケアをしたり、自分のためだけに美味しい料理を作る、という事をなさってください。

こうして、自分のために時間を使う、という習慣を持つのです。

すると、自分自身との関係が復活してきます

そうすることで、自分とのお話しができるようになります。

そして、自分自身がきちんと自分の味方になってくれるようになります