皆さん、こんにちは!

 

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

最初にお知らせから!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

11月23日東京にてスピリチュアリストさんが業界で活躍するためのノウハウをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ゼロから占い師を目指すための勝ち残り戦略セミナー

 

11月24日に東京にてウェイト版タロットのリーディングをさらに向上させるテクニックをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ウェイト版タロットリーディング講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.374
~そもそも、クライエントの治療へのモチベーションは高くない~

 

これは、心理カウンセラーとして常に肝に命じていることですが・・・

 

「治療へのモチベーションが高いクライアントの方が珍しい。ゆえに、最初からそうしたモチベーションを期待するるべきではなく、育んでいくものだ」

 

こう考えるようにしています

 

例えば、カウンセリングにやってきて、自分の困った状況を熱心に語るクライアントがいるとします

 

こうした場合、一見すると治療へのモチベーションは高いように思えるでしょう

 

しかし、窮状を訴えるのと、治療を受けて回復していくということは、地続きの関係ではないんですね

 

心理カウンセリングでは、薬物療法のような「受動性」はなく、むしろ積極的にワークに取り組むといった「能動性」が求められます

 

困った状況にあり、精神的にも疲労しているクライアントが能動的になれないのは、無理のないことです

 

だから、私たち心理カウンセラーはクライアントから「変わりたい」というニーズを引き出す必要が常にあります

 

これは、心理カウンセリングの世界での話しですが、占いでも同じことです

 

クライアントは自分が変わることに積極的ではありません

 

でも、困った状況は依然として存在しています

 

だから「この状況を変えたい」という、ある種の言質を引き出す必要があるのです

 

クライアントから上手に「変わりたい」を引き出してください

 

それが引き出されると、クライアントの能動性はかなり確保できます

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】