皆さん、こんにちは!

 

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

最初にお知らせから!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

11月23日東京にてスピリチュアリストさんが業界で活躍するためのノウハウをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ゼロから占い師を目指すための勝ち残り戦略セミナー

 

11月24日に東京にてウェイト版タロットのリーディングをさらに向上させるテクニックをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ウェイト版タロットリーディング講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.382
~クライアントを動かす、たった1つのコツ~

 

占いをしたユーザーのリサーチをしていて1つ気が付いたことがあります

 

それは、満足度の高いセッションは、何かしらの形で感情が動いているんですね

 

具体的に言うと…

・悲しみの表出
・(相手への)怒りの表出
・寂しさの表出
・楽しさの表出
・やる気になる

 

こうしてみると、決してポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情も表出されているということなんですね

 

この「感情の表出」ですが、具体的に言うと、クライアントが実際の感情を感じながら占い師や占い・スピリチュアルカウンセラーに話しをしている、ということなんですね

 

ここから1つ言えるのは、ただ表面をなぞるようなセッションでは満足度は高まらず、感情面をより掘り下げるセッションが効果的だということです

 

どうしても対人支援での相談業務というのは問題解決に偏りがちで、それゆえに感情があまり働かなくなる傾向が高くなります

 

しかし、そもそも悩みというのは、ある特定の問題に負の感情が結びつくから悩みなんです

 

ということを考えると、セッションをする側がいかに上手にクライアントの感情に触れ、そこを優しく掘り下げられるか、ということになるんですね

 

なので、クライアントから感情に関連するキーワードが出たら、そこを少し掘り下げるようにしてみてください

 

では、今日も良い鑑定を!

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】