クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです



まず最初にお知らせです。

2月28日、大阪にて対面占い師を対象にしたスキルアップセミナーを開催します。

詳しくはこちらをご覧ください

http://www.miskatonic-online.com/

このセミナーの目的は、流行になりつつある対面占いで良い結果を残すためのノウハウをお渡しいたします。


では、ブログの本題に入りましょう。

これは数年前の話しで、心理カウンセラーとしての活動での出来事です。

ある女性のクライエント(Tさん)のリワーク(復職)を支援していた時のことです。

Tさんは重度の気分障害のためシゴトを休職し、元いた職場は結局退職となりました。

気分障害もある程度落ち着き、さて社会復帰しようと考えたときに問題になったのが…

自傷行為の跡でした

Tさんは気分障害で療養中の間に摂食障害と自傷行為を併発してしまいました。

体重は無事に元に戻り、摂食障害の問題も心配ない程度には回復しました。

しかし、腕に残った傷は一生消えません。

しかし、Tさんが希望している職種は、腕を露出する場面も多々あるもの。

Tさんは迷いました

いわれなき偏見にさらされることを覚悟で希望する職種に就いた方が良いのか?

あるいは、自分を守るために希望とは違う職種に就いた方が良いのか?

「う~ん…私たちの理想はどこでしょう?」

「そうですね、『傷があっても私はワタシ』と言えることでしょうね。でも難しいです」

というところから始まった、このセッション。

「思い(認知)」と「気持ち(感情)」を仕分けるという認知行動療法の定石をたどりつつ検討した結果…

「じゃあ、