皆さん、こんにちは!

 

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 


【人気占い師になるための、今日のヒントVol.393
~「腑に落ちる」適職相談の方法~

 

占い師をしていると、適職・転職の相談って結構ありますよね

 

で、「私には何が向いていますか?」と聞かれて答えるのだけど、意外とこれってクライアントの腑に落ちないんですね

 

これは考えてみれば当たり前で、そもそも経験したことのない職業が向いていると言われても、ピンとこないですよ

 

(余談ですが、昔読んだ占星術の本に「おとめ座の適職は『校正』です」と書いてあったのですが、いまだにピンときません)

 

では、どのようにしたら腑に落ちるか、なんですが、結局は説明に説得力があるかどうかの話しに繋がってくるんですね

 

仮に、先に余談として言った校正の仕事が私に向いているとしても、私は編集や校正の仕事にかかわった経験があまりないので(校正『される』側にはいますが)、どうしてもピンとこないんです

 

だから、ピンと来させるためには「説得力」が要求されるわけです

 

では、どうしたら説得力がある説明ができるか、なのですが…

 

「どんなことをしているときは夢中で楽しめますか?」
「時間を忘れて没頭するときって、何をしているときですか?」

 

ということを質問して、それと適職を繋げるのです

 

例えば、私の場合はエクセルで数字を分析していたりする時は結構没頭して時間を忘れてしまいます

 

その傾向が校正で活かせるよ、と言えば、今までの経験と繋がりますよね

 

このように、クライアントの「今」と適職という「未来」を繋げるのが、適職相談のコツです

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】