皆さん、こんにちは!

 

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

最初にお知らせから!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

11月23日東京にてスピリチュアリストさんが業界で活躍するためのノウハウをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ゼロから占い師を目指すための勝ち残り戦略セミナー

 

11月24日に東京にてウェイト版タロットのリーディングをさらに向上させるテクニックをご紹介するセミナーを開催します

詳細はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

ウェイト版タロットリーディング講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 



占い会社のコンサルタントとして、占い師に対するクチコミは定期的にチェックしています

 

そうしたクチコミを見ていると「当たった・外れた」という内容が多いのですが、そのため「占いって、宛にならないよね」という話しに展開することも珍しくありません

 

私自身「占いは当り・外れではない」という意見には与しませんが、しかしそもそも占いとは「当たらない」ものなのでしょうか?

 

その点を掘り下げて考えてみたいと思います

 

占いが当たる分野・外れる分野

 

占いには「当たりやすい分野・外れやすい分野」があります

 

当たりやすいのは、「相手の性格と過去」です

 

相手の性格が当たりやすいのは、命占を使う方なら実感があるでしょう

 

卜占でも、性格は命占に劣らないくらい当てることもできます

 

また、過去何があったか、というのも比較的や手やすい分野ですよね

 

一方、外れやすい分野は「未来」です

 

いわゆる「連絡が来るか・来ないか」系のものは、どうしても外れる確率が高くなります

 

では、なぜ未来は外れてしまうのでしょうか?

 

予測はあくまでも予測

 

例えば、未来を完璧に見通すことのできる神様がいるとして、その神様が未来を占ったとしましょう

 

その際、神様は完全に未来を言い当てることができるかと言えば、答えは「NO」となります

 

というのは、皆さんご存知のように「確定された未来は存在しえない」からです

 

そもそも、未来が完全に確定されているのであれば、占いでそれをしっても避けようがないし、対策もとりようがない、ということを意味します

 

また、人の行動は色々な影響を受けてブレるので、「ある時点」の未来予測は、時間が経過するとともに揺らいでくるからです

 

例えば、私は趣味でベースを演奏するのですが、「1年後、ジョン・パティトゥッチ(チック・コリアというジャズピアニストと共に演奏した経験が多い技巧派ベーシスト)のようになれますか?」と聞いたとします

 

…まぁ、占いをするまでもなく、今の私が確保できる練習時間では、なれるはずがないんですけどね(笑)

 

まぁ、それはともかく

 

その、占いの結果が「なれます!」となったとしましょう

 

すると、その瞬間に分岐点が発生します

 

「なれる!」という言葉を励みに頑張るという道と、その言葉ゆえに「多少練習をさぼっても大丈夫」という道です

 

また、「なれる!」という言葉は非常に抽象的であり、その方法までは示していません

 

「なれる!」というのは、「そのままでもなれるよ」なのか、「今の練習方法に左手の運指を徹底的に鍛える練習方法を加えるとなれるよ」なのかは分からないわけなんですね

 

この、「言葉の抽象度(具体性のなさ)」と「クライアント側の選択肢」によって、占いは当たったり外れたりするわけです

 

当たる占いの作り方

 

多少皮肉った言い方ですが、外れない占いをする方法はカンタンです

 

「可能性がない!」というように、徹底的にネガティブなことを言っておけばいいのです

 

すると、クライアントは行動をしなくなりますから、仮に可能性が存在していても、あたかも可能性がないかのような未来が実現されます

 

しかし、これは占い師としては職務放棄に等しい無責任な在り方ですよね

 

占い師・占いカウンセラーのシゴトというのは、クライアントのシアワセが最大化されるようサポートすることです

 

となると、「当てる」だけでなく「叶える」ことが必要となってくる、というわけです

 

私がセミナーでよくお伝えするのは…

 

「占い→コンサルティング→カウンセリング」

 

という順序です

 

まず、占いで現状を分析して、その上で解決までの道筋をちゃんと作るコンサルティングを行い、最後にメンタルを整えるという手順です

 

つまり、占いが未来において外れるのは、解決のための道筋がきちんと作られていないから、なんですね

 

放っておいても叶う願望は、そう多くありません

 

多くの場合、解決にはクライアント自身の努力を必要とします

 

しかし、努力すればいいと言うものではなく、「正しく効果的な努力」が必要となります

 

それを作れるか作れないかで、占いの成否も、クライアントの未来も変わってきます

 

だから、解決の方法をたくさん持つようにしてください

 

そうすると、「当たって叶う」占い師・占いカウンセラーになることができます

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】