クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

先日、雑誌取材のお話を頂きました

取材は長年やっているので慣れているのですが、困るのが写真撮影です

決して私はイケメンでも何でもなく、また占い師らしい服装をするわけでもないので、正直に言うと苦手です

以前、短い時間のテレビ番組を持ったこともあるのですが、ちゃんとメイクさんがいて…という環境に、ついに慣れることができませんでした(笑)

さて、今日のテーマは鑑定やセッションのの「組み立て方」について考えてみます。

鑑定の組み立て方…って、きっとピンときませんよね

少し表現を変えると、鑑定やセッションの流れをどう作るか、という事になります。

なぜ、このテーマが大切かと言うと、三つの理由があります

①組み立て方次第で、相談者の満足度が大きく変わる

②組み立て方を意識することで、より深い部分で相談者とつながれる

③組み立て方が分かると、より柔軟な対応ができる

まず、①から見ていきましょう

占術を使って得られた情報から「意味」を見出すためには、「視点」が重要になります。

例えば、タロットカードを使って見たときに、相談者の恋人が心変わりをしているとしましょう

…これは単なる情報ですよね

ここに、基本的に意味はありません

そこに相談者の視点が加わって、初めて情報は意味を持ちます。

さて、