クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです


さて…今日は少し変わったお話をしたいと思います。

クライエントが占い師のところへ来る動機の中に…

「相手の気持ちが分からないから、見てほしい」

というのがあります。

例えば、片思いの場合が、その典型的なケースですよね。

そして、占い師は相手の気持ちをリーディングしてクライエントに伝えるわけです。

この時、相手の気持ちを共有しているという意味で、クライエントと占い師は同じ立場になります。

でも、この立場。

願望の矛先である相手から見たら、どう見えるんでしょうね?

つまり、占い師とクライエントは、片思いの相手を振り向かせるための方法を話し合います。

その話し合いの結果が、片思いの人へのアプローチにつながるわけです。

ということは