クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 


詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.445
~愛されたいなら、愛を受け取りましょう~

 

愛されたい!と願うのはどの恋愛でも当然生まれる気持ちです

 

しかし、「愛されたい!」という気持ちが高まると、どうしても逆のチカラが働きます

 

つまり「私は愛されていない」という不安

 

「愛されたい!」という強い想いは、「愛されていない」という想いがないと、そもそも生じない感情なんです

 

つまり、「愛されたい!」という強い欲求は「愛されていない」という不安の裏返し、という事になります

 

そのため、愛されたいと願えば願うほど、どうしても「足りない」部分がフォーカスされてしまうんですね

 

だから、常に相手に求めるか、相手に尽くすかのどちらかの行動になってしまうのです

 

「愛されたい」という想いは恋愛ですので理解できるのですが、しかしその状態で良好な関係を作ることは困難です

 

そうした場合に考えて欲しいのが、「愛情を受け取っているかどうか?」という事

 

恋愛関係で大切になるのは、相手の気持ちをどん欲に求める事ではなく、相手の気持ちをちゃんと受け止める事ができる感性なんですね

 

だから、例え小さなことでもしっかりと受け止め「ありがとう」という反応を返してみてください

 

そうすると、今までとは違う形で、実は相手が愛情を与えてくれていたのだという事に気づけるでしょう

 

占い師・占いカウンセラーとしては、上手にクライアントを「受け取り上手」にしたいですよね

 

ならば、考えて欲しいのは、相手の言動に対する解釈に少し幅を持たせることです

 

私達もクライアントも、自分の枠組みでしかものを考える事ができません

 

そのため、どうしても解釈には偏りが生じるわけです

 

でも、私達であれば、そうした解釈に幅を持たせるよう修正する事が可能です

 

「こうした考え方もあるよね」

 

というような働きかけをぜひなさってみてください

 

では、今日も良い鑑定を!

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】