クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 


恋愛が上手く行くか行かないかの違いを生む要因の1つに「距離感」があります

 

この距離感が上手につかめていないと、恋愛は息苦しくなるか、逆に希薄になるかのどちらかになってしまいます

 

では、どの程度の距離感があればいいのでしょうか?

 

考えるべきイメージは、概ね次の通りになります

 

(1)2人でいても好きな事ができる自由がある

 

恋愛で上手く行かない人は、まるで強迫観念のように「2人でいる以上何かしなきゃ!」という想いに駆られてしまいます

 

しかし、きちんと機能している恋愛を想像してもらいたいのですが、いつも2人で何かしている、ということはまずありません

 

例え2人で過ごしていても、お互いやりたいことを自由にできています

 

これは、相手のしたいことを尊重できるかどうか、という意味でとても大切です

 

(2)適度なタイミングで通じ合えるチャンネルがある

 

恋愛を支える大きな要素はコミュニケーションです

 

そもそも、コミュニケーションが機能していない恋愛は、いつか間違いなく終わってしまう関係だと断言できます

 

そのコミュニケーションが常に開かれているかどうか、つまり話したいと思ったときに、(相手の状態が許せば)話しができるという基盤が必要になります

 

この基盤は普段のコミュニケーションが「快」で終わっているかどうかで決まってきます

 

繰り返しになりますが、恋愛はコミュニケーションで成立しています

 

そして、そのコミュニケーションは「快」という感情がないと維持できません

 

つまり、お互いに心地よいコミュニケーションが交わされているかどうか、という事です

 

この「自由がある」事と、「コミュニケーションがある」という事が、恋愛のちょうどいい距離感と考えて間違いありません

 

占いカウンセラーとして注意しなくてはいけないのが、クライアントの極端な言動です

 

恋愛が機能していないケースは大別すると「過干渉」か「希薄」の2つに分ける事が出来ます

 

明らかに過干渉がある場合、その過干渉の裏にはクライアントの強い不安や恐怖があります

 

そのため、そうした不安や恐怖を解決する事が先決となります

 

逆に希薄という場合は、クライアントの会話に「快」の要素を加える事が重要となります

 

とはいえ、別に難しい事ではありません

 

日常の何でもない事で笑いあい、共感しあうコミュニケーションを目指せばいいのです

 

ここでのポイントは「日常的な会話の質を高める」という点にあると考えてください

 

 

では、今日はこの辺で!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】