クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 


冒頭でお伝えしましたように、4月に東京にて占いカウンセリングの講座を開催します

 

私がこうした講座を開催するのには、ある理由があります

 

それは、占いで不幸になるクライアントを1人でも減らしたい、という想いです

 

では、なぜ占いでクライアントが不幸になるのでしょうか?

 

そのメカニズムについて考えてみたいと思います

 

占いが「ニセモノの希望」に代わるとき

 

クライアントは、悩みを持っているという意味では、弱者的な立場に置かれています

 

そして、その状況でクライアントは必死になって状況を改善しようとしています

 

例えば復縁なら、復縁するために考えうる限りの事をクライアントはしようとします

 

しかし、復縁についてクライアントが持っている情報はそう多くありません

 

また、復縁できるかどうかわからないという不確かな状況は、必然的にクライアントを不安定にします

 

だから、クライアントは確かな情報と希望が欲しくて占いを利用します

 

こうした状況において、占いを抜きにして一般的に解決策を考えるのであれば、次のようになるでしょう

 

未来は不確かですから、それに耐えられる精神的心理的な状態になる必要があります

 

そして、復縁できるかどうかは決まっていないのですから、出来る事は復縁の確率を高める事だけです

 

また、復縁できなくても人生が終わるわけではなく、それでも続いていく人生の中で、恋人との離別を受け入れるだけの平穏さが求められます

 

つまり、「不確か」という事を受け入れて、その上でできる事にベストを尽くす、という事です

 

こうした、一般的に望まれる対応を占いは時にひっくり返してしまいます

 

例えば、相談を受けたけど、どうアドバイスをしていいのか分からないという場合。

 

こうした場合にアファメーションや引き寄せのためのイメージングに頼る占い師さんも多いのですが、(ドライな言い方をすると)それをする事と現実に復縁が成就する事は全く別の話しです

 

私自身も占い師ですから、アファメーションや「引き寄せ」などを否定するつもりは毛頭ありません

 

しかし、クライアントの問題は現実世界の中でしか解決できず、だからこそ現実世界でのアプローチが決定的に重要となるのです

 

一方、苦しさと痛みの中にいるクライアントは、安心や希望を求めます

 

それに対して安易に「占いの答え」として肯定的な事を言ってしまうと、クライアントはその瞬間に深い安堵感を得る代わりに、自分の頭で考えるという事を放棄してしまいます

 

占い師がこう言ったから

占い師のうち、半分の人は叶うといったから

彼の性格を当てた先生が叶うといったから

 

こうした事を信じるようになってしまいます

 

この瞬間、占いというものがクライアントにとっての「アヘン」に変わってしまうのです

 

クライアントに対する望ましいサポートとは?

 

占いの結果を信じる事がダメだとは言いません

 

希望がない中で努力をするよりも、希望の中で努力する方がパフォーマンスも向上します

 

しかし、私達が恐怖しなくてはいけないのは、クライアントの絶望が深ければ深い分だけ、クライアントは私達の言葉にしがみつく、という現実です

 

この現実に対してクライアントを批判する事はナンセンスです

 

というのは、誰であっても絶望の中にいれば希望にしがみつくのは当然だからです

 

そうしたクライアントに必要なサポートとは、大きく分けて3つあります

 

まず、その絶望を分かち合える他者がいる事

 

孤独は、人を絶望に追いやる最も強い要因です

 

そのため、クライアントを孤独にしない事が、まず最優先で必要となります

 

次に、必要な精神的心理的なケアを受けることができる事

 

クライアントは、私達のセッションを受けるまでに何かしらの傷を負っています

 

その傷があるがゆえに、クライアントは願望の成就を願っているのです

 

つまり、クライアントの願望成就という願いは、クライアントなりの傷を癒す手段なのです

 

しかし、クライアントの精神的心理的な傷の治癒を願望成就に依存する事は非常に危険です

 

それこそが、占い依存の最たる理由だからです

 

そのため、願望は願望として持ちながら、別の方法で傷がケアされ治癒される方法を持っておく必要があります

 

最後に、現実世界において必要とされる解決策が提示される事

 

スピリチュアルなものに惹かれるのは自然なことですし、また望ましい事でもあります

 

しかし、クライアントがスピリチュアルに「耽溺」するようになると、クライアントの現実世界が次第に崩壊していきます

 

スピリチュアルは現実逃避の手段では、決してあってはいけないのです

 

だから私達はクライアントと現実世界との繋がりを、何としてでも維持しなくてはいけません

 

 

なぜ、占いにカウンセリングを導入するの?

 

私が占いに心理カウンセリングを積極的に導入するのは、心理カウンセリングがクライアントの自立と自己解決を前提としているからです

 

クライアントが遭遇した不幸な出来事の責任をクライアントに求めるというスタンスを心理カウンセリングでは取りません

 

しかし、未来においてどのような生き方をすればいいのか、という意味での責任を心理カウンセリングはクライアントに求めます

 

そして、その責任をクライアントが背負えるよう、心理カウンセラーは必要なケアとサポートを提供します

 

実のところ、クライアントがクライアントとして私達に依頼するのはケアとサポートが必要だからです

 

そして、それが占いの世界では願望成就という言葉にすり替わってしまっていることが問題の原因となっています

 

つまり、先述したようにクライアントは心に傷を負っており、その傷を治癒する方法として願望成就を目指しています

 

しかし、願望成就に依存する傷の治癒は、他の治癒の可能性を否定するという意味で大変危険です

 

そうしたクライアントに対して、他の治癒方法を提示するというアプローチが占い師・占いカウンセラーに求められているわけです

 

占いカウンセラーとして考えたいこと

 

もし、これを読まれている皆さんがクライアントの傷の治癒やケアに関心があるのであれば、考えて頂きたいことがあります

 

クライアントは追っている傷によって、ある種の視野狭窄に陥っています

 

しかし、クライアントが遭遇した現実を考えると、これはやむを得ない事です

 

ただ、そうしたクライアントに対して、私達が提供できるケアは確かに存在します

 

占いの結果によってクライアントが深く納得するというだけでも、ケアの効果があります

 

また、クライアントの訴えに耳を傾け、クライアントの精神的心理的な問題をケアするというアプローチもあります

 

いずれの方法にせよ、クライアントを占いに依存させない事が重要で、占いに依存させないのであれば願望成就に依存させないというスタンスが必要となります

 

その際にクライアントを無理に自立の方向へシフトさせようとするのは、単なる暴力でしかありません

 

願望成就以外の選択肢を持ちうることができるよう、アシストする事が私達に求められている事なのです

 

だから、「このクライアントは、どんなケアを必要としているのだろうか?」という視点をぜひ持つようにしてもらいたいんですね

 

それによってクライアントの問題解決のアプローチは、より多様なものとなる事でしょう

 

ぜひ、クライアントと共に歩き、そして必要なケアを提供してくださいね

 

では、今回はこの辺で

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】