クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.448
~「あぁ~引かれるかなぁ~」くらいの方が好かれますよ

 

相手から振り向いてもらえないという理由は、「バランス」が悪いんです

 

つまり、すごく遠慮しているか、あるいは押しすぎている

 

遠慮も押しすぎも、結局「自分自身」を相手に表現できていませんし、相手から見て「その人」が見えてこないんですね

 

ぶっちゃけて言うと、恋には誰でも落ちます

 

だから、「落とせない」人って実はいないんです(恋愛関係を維持できるかどうかは別問題ですが)

 

ただ、「落とす」ためには、良い意味で「自分自身を表現する」という事が必要になるのですが、ここではバランス感覚が必要となります

 

「その人らしさを相手に表現する」という事になるのですが、それは「少々の短所が表現される」くらいがちょうどいいんですね

 

というのは、長所よりも短所の方に、より「その人らしさ」が現れるわけで、人はその欠点ゆえに「愛すべき存在」として映るわけです

 

恋愛だとどうしてもベストの自分自身を見せようと誰しもが考えます

 

しかし、ベストの自分自身とは、ある意味「誰もいなくても平気な自分自身」です

 

関係は欠点を補いながら作られるものであり、その欠点が愛されるなら、その関係は良好になります

 

なので、少々不出来な自分自身を表現する、という「さじ加減」の習得をぜひ!

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】