クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

※2月28日までにお申し込みの方には割引あり!

明日までです!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.451
~そのすれ違い、時間の感覚のずれでは?~

 

私達の生活スタイルが一番表れやすいのは、「時間の感覚です

 

詳しく言いますと、私達は時間を大きく分けて「パブリック」なものと「プライベート」なものとを位置づけていま

 

そして、プライベートの時間においては、慣れ親しんだ習慣や行動がそのまま表れます

 

そして、相手が「プライベートの時間」になった場合、恋愛であっても同棲でも結婚でも、「1人の時間モード」に入ってしまう事も珍しくありません

 

この、「相手が『1人の時間モード』に入る」という場面で当惑を覚える方も多いんですね

 

どんな関係であっても、「1人の時間」を必要とする方は結構おられます

 

ここで問題になるのが、お互いのモードの違い

 

片方が「一緒にいるモード」であっても、もう一方が「1人でいるモード」に入ってしまう、という事からトラブルが生じる、という構造です

 

そのため、まずクライアントが恋愛で行き違いを経験している場合、「それは時間的な感覚のずれではないか?」という点をまず検討する事をおススメします

 

そして、プライベートな時間には「一緒にいるモード」と「1人でいるモード」とがある、という点をクライアントが理解する事が大切です

 

その理解があるだけでも、無用なトラブルを回避できる確率がグンと上がります

 

そして、「一緒にいるモード」を増やしたいのであれば、逆説的ですが「1人でいるモード」の相手を尊重し、同時にどんな場面で「1人でいるモード」に入るのかを観察する事です

 

そうすると、相手との接し方が格段にスムーズになる事でしょう

 

ぜひ、クライアントを上手にアシストしてくださいね

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】