クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.453
~褒められるのが苦手な理由~

 

人から褒められると、うれしいという感情を持てる場合と、逆にそれがネガティブな感情を生んでしまう場合とがあります

 

褒められてネガティブになるのは、褒められた瞬間、自分の全く異なる要素に目が行くからです

 

「スタイルいいね」と言われると、その瞬間、おなかの脂肪に意識が向いてしまう、というイメージです

 

この仕組みが「褒められ下手」を生んでしまいます

 

褒められて「そんなことはないですよ」と謙遜するのは、ある意味で美徳です

 

でも、褒められた瞬間に自分の欠点に意識が向くのであれば、それは美徳とは言えません

 

褒められ下手がなぜ問題かというと、人からのポジティブな意見を受け止める事ができないため、自分の長所ですら否定してしまう事になるからです

 

実は、自分に対するポジティブなイメージのかなりの部分は、他者からの意見です

 

だから、私達は必要以上に他者の目を気にするのです

 

その他者からのポジティブな意見が受け止められないと、よほど自分自身でポジティブなイメージを生成できないと、自分に対するイメージはネガティブな要素だらけになってしまいます

 

自分の良い所に気づき自信を持つというのは、他者からの肯定的なメッセージを受け取ることが大切です

 

そうした場合、「褒められる『コツ』をつかむ」という事が大切です

 

褒められて「そんなことはないんだけどなぁ」と思っても、「あぁ、そういう意見もあるんだな」と受け止める、という発想ですね

 

そして、「ありがとうございます」という事ができれば、次第にそのポジティブな意見はセルフイメージを形作ってくれることでしょう

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】