クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.457
~話し合いもしていないのに上手く行くはずはありません!~

 

恋愛関係でつまづいているクライアントの多くに共通する、ある問題があります

 

それは、そもそも「話し合い」ができていない、という単純かつ重大な事です

 

いかに相手から愛していると言われても、それだけで心の不安が消える事はありません

 

むしろ、その「愛している」という言葉すら疑わざるを得ない事になり、逆に猜疑心は深まっていくのです

 

なぜこうなるかと言えば、基本的に話し合いが十分ではなく、そのために恋愛の日常的な疑問や不安が解決されていないからなんですね

 

しかし、そうした点をクライアントに指摘すると、多くの場合、次のような反応が返ってきます

 

「私は話し合いをしたいのだけど、相手が乗ってこない」

 

このクライアントの言葉を疑うべきはありません

 

クライアントはクライアントなりに精一杯、努力をしているはずです

 

しかし、その努力の方向性ややり方が正しいかどうかは別問題です

 

だから、私達は次の言葉を発する必要があるのです

 

「そうなんですね。例えば、どんな努力をされていますか?」

 

そうすると、クライアント側にコミュニケーション上の、あるいはテクニカルな問題が浮かび上がってきます

 

そこに私達が介入する事で、円滑に話し合いが当事者間で行われるようになるのです

 

恋愛関係の安定性は、話し合いの量に比例します

 

そもそも、愛し合うという事は、話し合いという営みの中でお互いに理解しあう事を意味しているのです

 

だから、当事者間が上手く話し合いができるように、上手にアプローチしてくださいね

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】