クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 



通常の人間関係や恋愛などで不満がある場合、当事者は何かしらの方法でそれを解決しようとします

 

しかし、私達のところに相談として持ち込まれる場合、クライアントの努力ではどうにもならないから、私達に相談してくるわけですよね

 

では、なぜ解決できないかというと、そもそも解決策が機能していないから、なんですね

 

どうしてクライアントでは問題が解決できないのでしょうか?

 

そこには、2つのパターンがあります

 

話し合いの前提は機能していますか?

 

人間関係でも恋愛関係でも、不満はどうしても生まれるもので、そのため私達にはコミュニケーションのスキルが備わっているのです

 

しかし、そうした不満が解決されないという場合、2つのパターンがあります

 

まず、ひたすらガマンをして、一気にその不満を爆発させたり、極端な形でそれを表現するというもの

 

例えば、恋愛なら普段はおとなしく相手の言いなりになっているけど、ある日突然豹変して怒り出す、というものが典型例です

 

これが仕事だと、普段はおとなしく仕事をしているのに、急に進退伺いを出してしまう、みたいな感じですよね

 

そしてもう1つのパターンは、不満を常に小出しにしているというもの

 

恋愛だと、小言を常に言い続けている、あるいは感情に波があり、不満がある時に不機嫌さでそれを表現するというものです

 

クライアントが相談として持ち込む関係性の問題の多くは、この2つに集約されてしまいます

 

この2つの何が問題かというと、そもそもこれをされては話し合いが成立しない、という事なんですね

 

これは、相手の立場から見ると分かりやすいでしょう

 

最初のパターンだと、普段はおとなしいのに急に極端な行動をとられると、どうしても対応も極端なものになりがちになってしまいます

 

つまり、それまでの話し合いを完全にすっ飛ばしてしまっているんですね

 

もう1つの小言や不機嫌さが日常的にある場合だと、その段階で相手は疲労してしまうので、話し合いのモチベーションが働かないんですね

 

クライアントの訴えからは見えてこない問題

 

クライアントがこうした問題を抱えていても、セッションや鑑定での訴えを聞く限りにおいては、そうした問題というのは見えてきません

 

というのは、クライアント本人がそうした言動を問題視していないために、クライアントからの報告として挙がってくることが稀だからです

 

そして、クライアントの問題意識は「2人の問題」ではなく「相手の問題」という形で語られることがほとんどです

 

つまり、これはクライアントに非はないのですが、クライアントが訴えている段階で、クライアントにとって有利なように問題が語られてしまうのです

 

そのため、私達は「相手はこの関係をどう評価しているのだろう?」という視点を持つことが非常に重要となります

 

また、心理カウンセリング的な対応を考えてみると…

 

「相手はこの関係をどのように評価していると思いますか?」

「相手がこの関係に不満を持っているとしたら、それはどんなところでしょうか?」

「相手があなたに直して欲しいと願っている事があるとすれば、それはどんなところでしょうか?」

 

という問いかけも有効です(私はもっぱら、こうした問いかけを多用します)

 

そうする事で、クライアント自身の視野を、クライアントから見た一方的なものではなく、公平なものにすることができるんですね

 

改めて考えたい、話し合いの基盤

 

恋愛でも人間関係でも、相手から改善の要望が出るうちは、まだ関係は機能しています

 

しかし、改善されない状態が続くと、人は諦め、そして黙って去っていきます

 

そして、去られた側は理由が分からないまま、また同じ間違いを犯し続けます

 

クライアントの訴える音信不通の問題の理由のうち、少なくないのが、相手の諦めによる破綻なのです

 

だから、まだ関係が維持されている状態で不満を訴えてくるクライアントは、まだ改善の道が残されているのです

 

しかし、残された時間はそう多くありません

 

というのは、クライアントが相談を持ち込む段階で、相当に関係が悪化した状態で固定化されているケースが珍しくないからです

 

そのため、私達占い師・占いカウンセラーは、まず話し合いの基盤が機能するように働きかけを行う必要があるんですね

 

間に合う内に、時間がある内に、ぜひ改善を!

 

ではでは~!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】