クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

何かしらの理由で恋愛関係が安定していない状態のとき、クライアントは好んで「駆け引き」と称して罰を与えるかのような言動を取りがちになります

 

もう少しわかりやすい言い方をすると、「恐怖」という道具を意識的・無意識的に使って相手をコントロールしようとするんですね

 

しかし、こうしたアプローチは関係をさらに不安定にする効果しかありません

 

では、なぜこうしたアプローチが功を奏さないのか、少し検討してみましょう

 

恐怖が生み出す感情はたった1つ

 

例えば、思った通りの言動をしない相手に対して、制裁や罰のようにネガティブな反応を示してコントロールしようとするアプローチ

 

こうしたアプローチを私達は幼少の頃より見聞きし体験しています

 

そのため、そうしたアプローチが一見効果的なように思えてしまいます

 

しかし、こと恋愛に限って言えば、これは逆の効果しか生みだしません

 

というのは、そうしたネガティブなものを振りかざすアプローチは、相手に「恐怖」を与えてしまいます

 

そして、その恐怖が生み出す次の感情は、たった1つ、つまり「嫌い」という感情のみです

 

どうしても相手に嫌われたいならいざ知らず、そうでないのであるならば、恐怖だけは与えてはいけないんですね

 

こんなにある、恐怖のタネ

 

私達占い師・占いカウンセラーのクライアントの大半は女性です

 

なので、あからさまに恐怖を振りかざすアプローチをとる方は確かに少数派に思えます

 

しかし、相手に恐怖心を与えるタネは、非常にたくさんあるんですね

 

関係が不安定であることも、恐れと懸念を抱かせるという意味で恐怖のタネとなります

 

情緒が安定していないのも、疲労をもたらされるという意味で恐怖のタネとなります

 

否定的な言動を行うことも、相手を傷つけるという意味で恐怖のタネとなります

 

実は、恐怖を生み出すタネは恋愛ではそこら中に転がっているのです

 

だから、恋愛を鑑定させたいのであれば、その関係から恐怖を排除する事がまずは先決!となります

 

占い師・占いカウンセラーとしては、クライアントが否定的な言動で相手をコントロールしようとしていないか、という点をまずは確認するべきでしょう

 

また逆に、恐怖で縛られている関係の当事者であるなら、その関係の是非について再考を促すことも大切です

 

人間関係の中でも恋愛は最もパーソナルで影響力が大きいものです

 

その関係の中に恐怖がある事自体が実は不幸な事です

 

繰り返しになりますが、恐怖を抱いた存在に対しては「嫌い」という感情しか抱かなくなるからです

 

だから、慎重に恐怖のタネを除去するようにアプローチを組み立ててくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】