クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 


情緒的・精神的に元々不安定さをもっているクライアントの場合、往々にして恋愛で「不適応」を起こしてしまいます

 

例えば、何かあると別れ話を切り出してしまう、というケースが典型例なんですね

 

通常であれば、少々のケンカをしても別れ話に発展する事はありません

 

しかし、元々不安定さを抱えているクライアントの場合、そうしたケンカにも過敏に反応し、過剰な対応を取ってしまうんですね

 

この辺のクライアントの心理的なメカニズムについて、心理カウンセリングの視点から考えてみたいと思います

 

恋愛関係は、ココロの中の投影なんですよ

 

大変残念なことですが、自ら関係が破綻するタネを振りまいてしまうクライアントは珍しくありません

 

こうしたクライアントの場合、元々の情緒的な不安定さが根底にあるので、恋愛の相手を信頼する事が出来なくなっているんですね

 

心理学では「投影」という概念があります

 

これは端的な言い方をすると、自分の好ましくない精神状態を相手や関係に帰属させるという心理的な働きです

 

ちょっと細かい話しですが、人は自分の精神状態を相手や関係に投影させる傾向を持っています

 

例えば、自分がイライラしている時というのは、相手や関係がギスギスしたものに映ってしまいます

 

しかし、元々は当の本人がイライラしているだけなのです

 

でも、心理的な投影というメカニズムがあるので、私達はそれを自分の感情というカタチで体験せず、「相手が」「関係が」というカタチで体験する事になってしまうんですね

 

このように、私達は自分の精神状態に見合った世界に住んでいます

 

自分の精神状態がイライラしているのであれば、関係や周りがイライラしているように映るでしょう

 

自分の精神状態が不安定な状態であれば、関係や周りが不安定な状態に映ってしまいます

 

自分の精神状態が誰かを信頼する事が出来ない状態であれば、相手は信頼に値しない人物に映るでしょう

 

恋愛関係というのは、自分のココロが投影された結果なんですね

 

だから、関係を変えたいのであれば、その当事者の変化が必要となるわけです

 

愛情を感じるためという痛々しい努力

 

精神状態が不安定であればあるほど、安心や保証というものを求める心理が働きます

 

不安定であるがゆえに、愛情をより強く希求するわけです

 

ここに、実はクライアントの不適応の問題が潜んでいます

 

通常の上手く行っている恋愛関係というのは、実に平穏なものです

 

この平穏さを愛情がある証拠と感じるか、あるいは愛情の不足と感じるかは、精神状態の安定性によって変わってきます

 

精神状態が安定しているのであれば愛情と受け止める事もできるでしょう

 

しかし、安定しないのであれば、愛情の不足として映るでしょう

 

ここに投影のメカニズムが加わり、その不足の原因は相手にある…と映ってしまいます

 

となると、どうしても否定的な言動で相手の愛情を確かめようとする心理が働きます

 

こうやって、定期的な別れ話のような言動が形成されます

 

一見するとクライアントの言動は理にそぐわない不安定なものに見えますが、しかしクライアント本人としては、相手から愛情を感じるための、痛々しいまでの努力だったりするんですね

 

占いカウンセラーとしてのアプローチ

 

こうしたクライアントの場合、精神的な不安定さをまず軽減する事が優先されます

 

「別れ話を切り出すという行為はしない方がいいですよ」といくら口頭で言っても、それは理解されても実際の行動に落とし込むことが難しんですね

 

だから、クライアントの不安定さに焦点を当てる必要があります

 

そのためにまず大切になるのが、クライアントと色々なテーマで話ができるという信頼関係の形成です

 

ちょっとテーマがズレますが、占いカウンセリングで一番大切なのは、こうした信頼関係の形成です

 

つまり、安定した状態でカウンセリングができる関係を形成する事ですね

 

そして、その関係でクライアントの不安定さに焦点を当て、「その不安定さは何か」という点を明らかにしていきます

 

そこには、クライアントなりの傷つた経験が色々と見えてくることでしょう

 

その傷つきに対して1つ1つケアをしていくという事になります

 

ただ、最も大切なのは、クライアントの「傷ついている」という自覚です

 

「私は傷ついているから、関係が不安定に見えてしまうんだ」という認識をクライアントが持つことができれば、自分を客観化する事ができるようになりますので、不安定さに巻き込まれるリスクを軽減する事ができるようになります

 

 

このように、まずはクライアントの安定のために、クライアント自身の認識の形成を意識してくださいね

 

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】