クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと2名!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 


恋愛でケンカになるというのは、お互いの「常識」がぶつかり合うときです

 

そして「常識」とは、その人にとっての「当たり前」なんですね

 

当たり前だから、言わなくても分かるはず…

 

この無意識の期待が裏切られたとき、それはケンカとなって表れます

 

では、このケンカをどうやったら回避できるのでしょうか?

 

全てのケンカはコミュニケーションの不足から

 

先述したように、ケンカというのは、「当たり前」が裏切られたときに発生します

 

そして、お互い相手が何を「当たり前」と思っているかは、コミュニケーション以外に知る術がありません

 

だから、全てのケンカはコミュニケーションの不足から生じているといっても過言ではないんですね

 

では、どのようなコミュニケーションを取ればいいのでしょうか?

 

具体的に言うと「何がイヤか」を共有するという事です

 

つまり、「これだけは我慢できない」というポイントを知っておくという事ですね

 

しかし、ここで1つ難しいポイントがあります

 

それは、「これだけは我慢できない」ポイントは、普段からは意識されていないし、記憶もされていないという事です

 

人は誰しも「これだけは我慢できない」というポイントを持っているものです

 

しかし、普段はそうした想いは意識の下に隠れて表に出てきません

 

そして、実際にそうした場面に遭遇して初めて「我慢ならん!うが~!!!」となってしまうのです

 

「何が悪いのか教えて」という姿勢

 

だから、事前のコミュニケーションだけでケンカの予防を完璧にするのは、理想ではありますが無理があります

 

だから、ケンカが発生した場合の対処も重要です

 

その方法ですが、ケンカが発生した場合、いち早く冷静になり…

 

「ごめん、何が悪かったのか教えて」

 

と言うように相手の言い分を聞くのです

 

人は、理解を示されると怒り続ける事が難しくなります

 

だから、ケンカの早い終息は理解を示す事なんですね

 

ケンカという危機的な状況だからこそ、相手の話しに耳を傾ける

 

これだけで、恋愛のケンカは早く終息されていきます

 

さて、私達占いカウンセラー・スピリチュアルカウンセラーとしては、クライアントにこうしたスキルをお伝えする事も大切です

 

しかし、ケンカの発生は私達としては避けたいところではあります

 

また、普段のコミュニケーションの量が十分であれば、ケンカもあまり大きくならずに終息されていきます

 

だから、普段からのコミュニケーションを勧めるということも大切です

 

愛情が深まるかどうかは、コミュニケーションの量に比例します

 

ぜひ、クライアントを上手に促してくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】