クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと1名

お申し込みはお早く!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 


さて、今回も私達占い師・占いカウンセラー・スピリチュアルカウンセラーのビジネスのお話しです

 

過去記事は以下のリンクをご覧ください

 

1回目:占い師として必要なブランドの作り方

 

2回目:クライアントが私達に求める専門性とは?

 

今回は、クライアントが必要とする専門性の続きである、「問題解決能力」について考えてみたいと思います

 

分析しても解決できないと…

 

タロットや占星術、手相やチャネリングなど、広い意味での占いの技術があれば、問題を分析する事は非常に容易です

 

また、そうした専門性があれば、問題が発生した因果関係を明らかにすることも容易です

 

人というのは、「なぜ」という意味や因果関係を明らかにすることを望みます

 

「なぜ」に有効な答えが与えられないと、次の「どうやって」という解決につなげる事が難しいという性質を、私達は有しています

 

ゆえに、その「なぜ」に答える事が私達の活動の最初のステップであり、これはクライアントのニーズでもあります

 

しかし、先述したように、私達は「なぜ」の次に「どうやって」という解決を考えます

 

この、「どうやって」という部分が実は専門性のカギになります

 

というのは、解決策を導き出せないのであれば、それは専門性とは言えないからです

 

これは当たり前の話で、クライアントは因果関係だけでなく、解決策が欲しいから私達を求めるからなんですね

 

現場から見た、クライアントに「選ばれない」スピリチュアリスト

 

すごくドライな言い方になりますが、いわゆる「売れない」方々というのは、この問題解決能力が非常に低いんですね

 

問題解決能力が低いという事は、つまり「クライアントの問題解決の『お役』に立っていない」という事を意味すします

 

例えば、恋愛に強いという事であれば、恋愛が成就する方法をクライアントは知りたいわけです

 

不倫専門だったら、その不倫が成就する方法を期待するのは、クライアントの心理に立てば当然の事ですよね

 

でも、相談してもアドバイスが一般論の域を出ないものだったら、どうでしょう?

 

そうなると、次に依頼しようとは間違いなく思わないですよね

 

専門性を謳った以上、クライアントが解決までを求めるのは当然の心理です

 

しかし、その解決のアドバイスが一般論の域を出ないから、次のリピートがない、その結果延々と新規のクライアントを求め続けなければならない…という状況になってしまうんですね

 

ここで大切なのは、リピーターの存在です

 

ほとんどのビジネスは、リピーターの存在で成り立っています

 

もし、リピーターを期待しなくてもいいというビジネスであれば、必然的に価格は高額になります

 

私達のセッションがリピーターを想定しないのであれば、セッションの単価を高額にしないとビジネスモデルは崩壊します

 

また、クライアントの問題が1回のセッションで解決する事は、実に稀です

 

クライアントは解決を求めて私達のところに来るわけで、そうなると解決するまで良好な関係をクライアントと維持しなくてはなりません

 

クライアントを依存させることは絶対的な禁忌です

 

しかし、クライアントが私達のセッションを卒業できるまでアシストする事は、クライアントにとっても、どうしても必要な事です

 

ならば、リピーターとして関係を作る事がクライアントにとってもメリットになります

 

となると、繰り返しになりますが、問題を解決する能力が私達占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーには決定的に求められます

 

余談になりますが、私が占いに心理カウンセリングを導入する事に熱心なのは、私が元々心理カウンセラーだったから、と言うだけではありません

 

心理カウンセリングを導入する事で、問題解決が容易になるから、という単純な事実があるからなんですね

 

というのは、クライアントの問題にクライアント自身あるいは相手の心理が関わらない事はまずなく、問題解決という観点で考えると心理カウンセリングは非常に役立つからなんですね

 

だから、依存ではなく健全で良好な関係を維持しながら、問題解決までクライアントとチームを作って一緒に取り組むというアプローチでは、心理カウンセリングの技法が役に立つわけです

 

問題解決能力と情報発信

 

この問題解決能力というテーマは、専門家としての情報発信にも関係してきます

 

例えば、私は平日にブログを更新していますよね

 

こうした更新で情報を提供できるのは、私が無料で提供できる一般的な問題解決の方法を有しているからです

 

つまり、問題に対する一般的な解決策は(時間が許す限り)いくらでも提供する事ができ、それが日々の情報発信のネタになっているわけです

 

例えば、恋愛専門で占いをするのであれば、恋愛に関する一般的な情報を発信出来て初めて個別の依頼に答える事が出来るわけです

 

そして、個別の相談に対してブログで書いている内容を伝えるわけにも行きませんから、当然またブログとは違ったアプローチを提供しなくてはいけません

 

このように、「ブログでは一味違った一般論、セッションでは個別の深い解決策」というのが、実は売れるためのセオリーです

 

このセオリーを踏めないと、ビジネスモデルのどこかに穴が開いてしまいます

 

だから、占い師・占いカウンセラー・スピリチュアルカウンセラーとして活動したいのであれば…

 

「問題を解決できる能力=クライアントの問題解決に役立つ能力」が必須

 

という事は、ぜひ理解して頂けると幸いです

 

さて、次回の更新は、「スピリチュアリストとしての『人柄』をどう打ち出すか?」について解説しますね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】