クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと1名

お申し込みはお早く!

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

不倫というものは、続ける事も大変ですが、見切りをつけて次へ行くことも大変です

 

というのは、不倫関係を清算しても、次の恋愛が上手く行かないケースが珍しくないからです

 

せっかく不倫から脱却したのに…

 

・誰も好きになれない

・好きになった人が、また既婚者だった

・どう考えても恋愛に適さない人を好きになってしまった

 

というケースは多々あります

 

私が心理カウンセリングでも占いカウンセリングでも、「不倫の『次の恋愛』」というのは、なかなかハードルが高いと実感しています

 

では、なぜこのように不倫からの脱却は難しいのでしょうか?

 

私達にとって典型例である、シングルの女性が既婚者の男性と不倫関係にある、というケースを想定しながら、そのメカニズムを検討していきましょう

 

不倫関係が女性を変える

 

不倫を脱却して次の恋愛に行くのが難しいのは、不倫特有の性質にあります

 

不倫の性質は大きく分けて…

 

(1)関係の性質

(2)不倫相手の性質

(3)女性側の自立度

 

という3つから理解する事が出来ます

 

まず、不倫関係の性質からです

 

不倫というのは、継続する事に相当なエネルギーを必要とします

 

好きでい続ける事も大変ですが、関係を継続するためには、色々と制約が付きまといます

 

普通の恋愛では当たり前のようにできる、例えば日常的な連絡や頻繁なデートと言うものは、望むべくもありません

 

そのため、2人にとってデートの機会というのは非常に貴重なものなのです

 

その貴重なデート等の機会は、制約がある分だけ喜びはより大きなものとなります

 

通常の恋愛では、デートは日常的なものですから、愛情は感じるのでしょうが、しかしずっとマイルドなものです

 

一方、不倫ではそうしたマイルドさよりも「会えた喜び」というものが大きくなり、また「会える」という事の意味が非常に大きくなります

 

つまり、通常の恋愛よりも「快」の刺激が大きくなり、「会えた」という事の意味が普通の恋愛よりも重大なものとなるんですね

 

これが、脳の報酬系に影響します

 

つまり、脳がそうした強い喜びに順応してしまうのです

 

その結果、通常の恋愛が楽しいものとは思えなくなってしまいます

 

だから、不倫の清算後の恋愛に上手に適応できなくなるのです

 

次に、相手の性質です

 

不倫をする男性の多くは、それなりに社会的な地位もあり、時間的にも金銭的にも余裕があります

 

家庭を持ちながら別の女性と恋愛関係を持てるわけですから、色々な面で通常の男性よりも地位や余裕がある方が多いんですね

 

これは、良く言えばバイタリティがあり、強い個性の持ち主ということが言えます

 

それゆえに、女性はそうした男性に振り回されがちになります

 

ただでさえ、相手に家庭があるので制約も多いのですが、このパーソナリティによっても女性は振り回されます

 

そうした男性を、いつしか女性は受け入れるようになり、また恋愛感情があるがゆえに、恋愛では好ましくない男性の傾向も「個性」として愛するようになっていきます

 

この強いパーソナリティに女性側は順応し、それが1つの基準となってしまいます

 

そして、不倫関係が清算された後に生じるのは、不倫相手と一般男性との比較です

 

通常、一般の男性はそこまでのバイタリティも強い個性もありません

 

いや、あるのはあるのですが、通常の恋愛ですから、パーソナリティによって相手を振り回すという傾向はずっと小さくなります

 

その結果、女性側では元不倫相手との男性と、一般男性との比較が生じ、一般男性に対して「物足りない」という印象を抱いてしまうのです

 

最後に、女性側の自立度です

 

女性側としては、不倫の成就を望んでいますが、一方でそれが叶わないという予感も持っています

 

また、普段は男性に頼る事が出来ない関係をずっと続けている事になります

 

その結果、良くも悪くも「1人でも生きていける」という性質が身に付いてしまいます

 

そうなると、他の男性を求める動機がその分だけ弱くなります

 

また、恋愛は健全な相互依存がないと成立しません

 

言い方を変えると、恋愛は「2人で自立する」という関係です

 

しかし、元不倫の女性の場合、どうしても「1人で自立する」という傾向が強くなるため、良好な恋愛関係を築く事が難しくなるのです

 

「脱不倫」にはリハビリが必要

 

こうした傾向があるため、不倫関係から通常の恋愛に移行するためには、ある種のリハビリが必要となります

 

不倫を清算した直後は、どうしても同じくらい個性が強く、「惚れさせてくれる」男性を求めがちになります

 

そのため、出会いがあっても「気持ちが動かない」という状態に至ってしまいます

 

ここから、脱不倫のリハビリが始まります

 

まず、クライアントの中で何が起こっているのか、という事について認識を形成する事が必要です

 

今までの不倫によって、通常の恋愛には順応しにくくなっていて、それがゆえに通常の男性に気持ちが動かなくなっている、という認識の形成です

 

この認識が足掛かりになって、リハビリは続いていきます

 

次のステップは、「恋愛関係」ではなく「結婚関係」のイメージの形成です

 

どうしても元不倫のクライアントは、快が強く働く恋愛関係にフォーカスしてしまいます

 

しかし、「その人と結婚生活を送れそうか?」という視点に軸を移すことで、恋愛に対して快を求める動機は弱まります

 

最後に、通常一般の愛情の感度を取り戻すことです

 

通常の恋愛は、不倫ほど強烈に愛情を感じる場面はそう多くありません

 

しかし、不倫ほど強烈で分かりやすくないにしても、相手は相手なりに恋愛感情を発信しています

 

それを受け取る感性を取り戻す、ということが大切になります

 

このステップを、占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーは一緒に進めていく事が大切になります

 

不倫が終わった、という意味で、クライアントはある種の喪失感を抱いています

 

この喪失感は、次の恋愛へ進む動機にもつながります

 

この動機を上手に使いながら、占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーとして上手にサポートしてくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】