クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずはお知らせから!

(^_−)−☆

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

4月27日・28日に東京にて「占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座」を開催します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残席:あと1名

おかげさまで満席となりました!

ありがとうございました!

 

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 


占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーをしていて感じるのは、ネガティブな感情を感じまいとしているクライアントが非常に多い、という事です

 

恋愛や人間関係で痛みや悲しみを感じて、でもそれを感じないように気を紛らわせて…

 

気持ちはよく分かります

 

誰だって、ネガティブな感情を感じるなんてツラいですもんね

 

でもね、それが実は「自分を粗末にしている」としたら、どうでしょうか?

 

否定的な感情を感じなくなる、ということ

 

否定的な感情を感じないようにフタをするという行為は、一見前向きな行為にみえます

 

しかし、感情というのは、全てに意味があり、その感情はその人に対して重大なメッセージを発しているのです

 

悲しいという感情だって、「いま癒されることが必要」という大切なメッセージ

 

そうしたメッセージにフタをするというのは、結局は自分自身を粗末に扱っているに等しい行動なんですね

 

感情に振り回されるのはおススメできませんが、感情を大切にするという事は、自分を大切にする、という事を意味しているのです

 

だから、怒りを感じるべき時は怒りを感じて良いのであり、悲しいときは涙をながして悲しんだらいいんですよ

 

関係の中だからこそ解放される感情

 

一人っきりだから思いっきり涙を流せる、怒りを発散できる

 

こうした傾向は誰しもが持っているでしょう

 

しかし、人というのは感情の共有を求める性質を持っています

 

つまり、誰かに聞いてもらいたいのであり、誰かに分かってもらいたいんですね

 

ここで、占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーの出番(?)がやってきます

 

クライアントの多くは私達に相談する段階で、ネガティブな感情を吐露しようとは考えていません

 

しかし、私達の「聞く姿勢=傾聴の姿勢」がクライアントの感情の吐露を促すのです。

 

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーの重要なスキルに「聞く姿勢」というものがあります

 

これは、単にクライアントの話しに耳を傾けるというだけで吐く、クライアントが話したいと思えるような場づくりができる、ということを意味しています

 

とはいえ、一朝一夕にできるものではありませんので、まずはクライアントに質問を投げかけて、それを呼び水にする、というととをやってみてください

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】