クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずは、お知らせから

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

【8月に関西で占い師のための心理カウンセラー養成講座を開催します】

 

具体的な日程は、また決まりましたらご連絡を差し上げます!

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

では、早速始めていきましょう

 

 

 

 

 

 

 


浮気をされた、手酷くフラれた、捨てられた、裏切られた…

 

こうした経験をすると、相手を許せないという気持ちになるのは当然です

 

だから、いつまでたっても「許せない」という気持ちを持ち続ける事になります

 

しかし、この「許せない」という気持ちを持ち続ける事には、どんな意味があるのでしょうか?

 

ちょっと心理カウンセリング的に検討していきますね

 

許せない事で苦しむのは誰?

 

誰かを許せないという気持ちを持つことは、先述したように当然の感情です

 

しかし、許せないという感情を持ち続ける事で、相手は苦しむでしょうか?

 

苦しみませんよね

 

痛くもかゆくもないでしょう

 

では、許せないという気持ちを持ち続けている本人はどうでしょう?

 

ツラくて苦しくて、悔しいはずです

 

つまり、「許せない」という気持ちを持つことで、一番苦しむのは、その本人なんですね

 

確かに、許せない、という気持ちを持つことで、短期的には効果があります

 

その間、相手を責める事も出来ますし、想像の中で仕返しや罰が与えられる、と言うものもあるでしょう

 

自分がいま、こうなったのはあの人のせい、ということで責任を相手に押し付ける事も出来ます

 

それらは、すべて正しい事です

 

しかし、長期的にみたら、どんな効果があるでしょう

 

いつまでたっても、相手を許せないままでいる事によって、本来の自分に戻るということが、どんどんと難しくなっていきます

 

つまり、短期的には効果があっても長期的な、最も大切なものを失っているんですね

 

相手を許せないといくら思っても、相手にはそれは伝わりません

 

また、そう思い続ける事によって、あなたが本来の自分を回復するというプロセスはどんどんと遅れていきます

 

これが「許せない」という感情を持ち続ける事の結果です

 

決して相手のためではなく、自分のために

 

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーの方にお願いしたいのは、クライアント自身のために、相手を「許す」という選択の後押しをして欲しいという事です

 

そして、この「許す」という行為が決して相手に対する無罪放免を意味するものではない、という事も大切です

 

相手のために許すのではなく、クライアント自身のために許しを自分自身に与える

 

こうする事によって、クライアントは過去のネガティブな出来事から解放されることができるようになります

 

「『許せない』という感情を持ち続けるよりも『自分のために相手を許す』という発想が、もし出来たら、あたなたはどうなるでしょう」

 

という視点から問いかけてみてください

 

結構効果がありますよ

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】