クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずは、お知らせから

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

【9月21日・22日、関西圏で占い師のためのカウンセラー講座を開催します!】

 

※日程:9月21日・22日 両日とも10時~18時

※場所:ミスカトニック芦屋カウンセリングルーム

 

詳細は、また決まりましたらご連絡を差し上げます!

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

では、早速始めましょう

占いカウンセラー,スピリチュアルカウンセラー

 

 

 

 

 

 

 



クライアントと接していると、極端に悲観的になっておられる方が大勢おられます。

 

そして、極端な悲観視によって怒りを募らせたり、悲しみや不安に押し流されたり…という状態に至ってしまっています。

 

そもそも、このように悲観的な考えが支配的になってしまうのは、クライアントの置かれている状況が確かに悲観的というのもあるのですが、状況に対する「評価システム」が「誤作動」を起こしている状態ともいえるんですね。

 

つまり、確かにクライアントの状況も客観的に見ても悲観的なのでしょう。

 

しかし、第三者的に普通に考えると、そこまで悲観的に考える必要なんてなくて、もっと色々な可能性もたくさんある。

 

しかし、クライアントの中の「状況評価システム」は現状を「危険」と認識しアラートを出しています。

 

この「危険」という判断が実は誤作動で、その誤作動の原因は、クライアントが持っている「喪失感」にあるんです。

 

この「喪失感」というのがポイントで、つまり…

 

私には~がない

私は~を失った

私は失った~を取り戻す事が出来ない

 

という喪失したものに対する絶望が、極端な悲観視を生んでしまうんですね。

 

現に皆さんのクライアントで極端に悲観的になってしまっている方というのは、「喪失」した部分に意識が向いているはずなんです。

 

ここを修正する事が、回復の第一歩となるんですね。

 

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーさんにお願いしたい事

 

こうした極端に悲観的になっているクライアントに、表面的な元気づけはあまり効果を持ちません。

 

実は、こうしたクライアントは妙に理論的に考えている部分があり、筋道立てて「それって違うよね?」という論法で進めていかないと響かないんですね。

 

だから、例えば…

 

「彼からLINEがこない。彼はもう私の事はどうでもいいんだ」

 

というクライアントに対して

 

「そんなことはないですよ。カードはちゃんと恋愛感情があると言っています」

 

だと、あまり効果はないんです。

 

それよりも…

 

「そんなことはないですよ。カードは彼があまりに多忙すぎてLINEの事に意識が回っていないと出てますよ」

 

と、その現象の「原因」をお伝えして、クライアントの悲観視を否定する方が、効果があります。

 

だから、妙に悲観的なクライアントが来られた場合、どんな喪失感を持っているのか、という点から検討をしてみると、良好な結果に結びつきます

 

ぜひぜひ、試してみてくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】