クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

まずは、お知らせから

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

【9月28日・29日、関西圏で占い師のためのカウンセラー講座を開催します!】

 

※緊急のカウンセリングが入ったため、セミナーの日程が変更になりました!ご注意ください!

 

※日程:9月28日・29日 両日とも10時~18時

※場所:ミスカトニック芦屋カウンセリングルーム

※残席あと4席!

※カードのお支払にも対応しています。その旨、お申し込みの際にお伝えください。

 

詳しくはこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

【告知】占い師のための心理カウンセリングセミナーを開催します!

 

9月セミナーの詳細と前回の受講生の感想

 

このセミナーは、セッションの質を高めたい、心理学的なアプローチも占いに併用したいという方にとっては、絶対に役立つセミナーだと断言できます!

 

もし、これから占いやスピリチュアルの分野で活躍したいと思っているなら、その活動に必要な心理カウンセリングの技法を余すことなくお伝えいたします。

 

詳細は、上記リンク先記事をぜひご覧ください。

 

~・~・~・~・~・~・~・~

さて、早速本題に入りましょう。

 

 

 

 

 

 



愛情を愛情として表現できる男性はそう多くありません。

 

多くの男性は、愛情を「現在の事実」として表現する場合が多いんですね。

 

好きだから付き合っているのであり、好きだからデートをしているのであり…

 

そこには十分な言葉がありません。

 

だから、女性は男性の愛情を疑ってしまいます。

 

一方、女性の多くは「私は愛されているのだろうか?」という不安を抱えつつ、同時に「私は愛される存在なのだろうか」という疑念も持っています。

 

つまり、愛されることに対するある種の恐怖があるんですね。

 

では、その恐怖の源泉は何かというと、女性側の自己肯定感の低さ。

 

愛されるに値する自分、という自然な自信がないんですね。

 

なので、私達のところに来て「彼の気持ちを教えてください」と言うわけです(笑)。

 

愛されているのに、その愛を受け取れていないという事は…

 

愛しているけど、愛されれいない

 

という状況を生み出します。

 

これは先述したように女性の自己肯定感の低さもあるのですが、一方で男性の言葉の少なさも影響しています。

 

思うに、いいオトコというのは、そうした女性に自信を与える存在なのでしょうね。

 

あなたは愛されるるにふさわしい存在なんですよ、というメッセージを発する事が出来るという事ですよね。

 

でも、いくら男性がそうしたメッセージを発しても、「でも、私は…」という女性側の躊躇があれば、そのメッセージは受け止められることはありません。

 

だから、恋愛では「信じる勇気」というものが必要になります

 

でも、この「信じる勇気」というのは、女性にとっては途方もない勇気なんですね。

 

というのは、その勇気を持っていて、いざ裏切られたら、その傷は相当のものですから。

 

でも、「傷ついてもいいから、この人の愛情を信じよう」と思える女性は強いですし、良い恋愛が出来るでしょう。

 

もし、どうしても相手の愛情を確かめたいのであれば…

 

「私のこと、好き?」と聞くよりも…

 

「私のこと、好きだよね!」と確認として聞く事が出来る女性の方が、男性の好感は高くなりますよ

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】