クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、早速始めましょう

 

 

 

 

 

 



会社に所属をしていても、あるいはどこにも属さずにフリーとして活動するにしても、占いカウンセラーとして活動する以上は「集客」は切っても切り離せません。

 

しかし、この集客を苦手とする方って、珍しくありません。

 

そこで、今回は集客の技法ではなく、集客の「マインド」について考えてみたいと思います。

 

…集客の技法なんて、ネットをググったら無料でノウハウは落ちていますし、このブログでもさんざんとご説明しておりますので、技法に関しては、それらを参考になさってください

 

では、始めましょう

 

まず、集客をするうえでの基本的なマインドは5つあります。

 

順番に見ていきますね

 

(1)お金の流れを考える

 

難しい表現をすれば「マネタイズ」という事になるのですが、どうやって収益を上げるかを考える、ということです。

 

ここで大切なのは、選択と集中です。

 

あれもこれも出来る器用な方も中にはおられますが、集客は「1商品」に絞るのが賢明です。

 

つまり、提供するサービスを1つに絞り、そこに集中させるという事です。

 

そして、サービスを提供するとお金が入ってきますが、そのお金の流入を阻む障害を可能な限り除去します。

 

例えば、別の仕事が忙しくて、本来提供したいサービスに割く時間がない、なんてことはその典型ですよね。

 

そうした障害を取り除く事って、意外と出来ていない方が多いんです。

 

だから、そうした障害を取り除いてお金の流入がスムーズになるようにしてください。

 

(2)集客は「集める」のではなく「広げる」もの

 

まず、集客という漢字を見ると、どうしても「集める」という発想を持ちがちです。

 

そうではなく、多くの方にまずはサービスを知ってもらう、という事を意識してください。

 

つまり、いかにサービスを拡散させるか、ですよね。

 

そのために、ツィッターなどのSNSは有効に活用するべきです。

 

(3)ビジネスに対して意見を言ってくれる人を持つ

 

これ、すごく大切です。

 

例えば、どんな経営者であっても部下や取締役などから意見を必ず聞きます。

 

経営者1人でビジネスを成り立たせるということは、まず不可能です。

 

同じように、私達も自分のやっているビジネスを外部から客観的な視点で意見を言ってくれる存在はとても大切です。

 

ビジネスパートナーを持て、とは言いませんが、良い意味で批判的な意見を言ってくれる友人くらいは、いた方がベターです

 

(4)ビジネス=価値の提供

 

提供するサービスがヒプノセラピーであっても占いであっても、とどのつまりはビジネスです。

 

そして、ビジネスは顧客に価値を提供する事で成立します。

 

となると、どのような価値を提供するのか、という視点を常に持っておくことは、とても大切です。

 

(5)良い意味でスピリチュアルな感性を持つ

 

これは何を言いたいかというと、いくらビジネスモデルを緻密に作っても、最後には運がものを言う、ということです。

 

運頼みのビジネスは間違いなくいつか崩壊しますが、運を味方につけていないビジネスも、同様に崩壊の危機に瀕します。

 

ですから、運を味方に付けるための「何か」は必ずするようにしましょう。

 

 

ざっと、ビジネスをするうえでの必要な考え方、つまりマインドは上記のようになります。

 

ぜひ、参考になさってくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】