クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、早速始めましょう

 

 

 

 

 

 



復縁系の相談で、クライアントがネットストーキングをしている、というケースは珍しくありません。

 

常に相手のSNS等をチェックして一喜一憂する…

 

たいてい、SNSは不特定多数の方にオープンになっているので、相手のプライバシーの侵害、という問題は生じにくいのですが、それをやっているクライアントは、相当にツラいはずなんですね。

 

では、なぜツラいのにネットストーキングをするかというと、「安心」が欲しいからなんですね。

 

それは、ライバルの存在がないかどうか、という事と、何でもいいから復縁できる、成就できるという証拠が欲しいんですね。

 

そしてSNSを見て女性の影がない、となるとクライアントは安心します。

 

この「安心」は常に不安にさいなまれているクライアントにとっては、非常に大きな「快」の感情をもたらします。

 

そうなると、脳の報酬系が働いて、その「快」の感情を得るために、ますますSNSをチェックするようになります。

 

つまり、ネットストーキングというのは、脳のメカニズムで言えば依存症とあまり変わりはないんですね。

 

中には、それが高じて本当のストーキング行為に至ってしまう、という事もあります。

 

では、こうしたストーキングを辞めさせるために、私達は何が出来るのでしょうか?

 

実は、ストーキングを辞めさせるアプローチは女性と男性とでは違いがあるのですが、ここでは女性をメインにお話しを進めていきますね。

 

ストーキングという問題行動がでるのは、離別した、という現実を受け入れる事が出来ないから、そうした行為に出てしまいます。

 

では、受け入れるというのはどういうことかというと、離別したことを十分に悲しむことなんですね。

 

悲しむ、という行為には、心を癒す効果があります。

 

ですから、立ち直るには思いっきり泣いて悲しんだ方が良いんです。

 

しかし、「悲しむ」という行為は、文字通り悲しいわけです。

 

だから、クライアントは涙を流す代わりに復縁を願い、ストーキングをする、ということなんです。

 

一般論ですが、ストーキングをしている女性は、過去を懐かしむ傾向が強くあります。

 

そして、過去を懐かしんでいるプロセスで自然と「悲しい」という感情が浮かんできます。

 

その「悲しい」という気持ちを受け入れて涙を流す事が出来れば、その復縁の傷も癒されます。

 

そうすると、相手のSNS上の言動を逐一監視する、という行為は徐々に減っていきます。

 

同時に、離別の傷も癒されるので、クライアントの視野が広くなります。

 

そうなると、復縁に頼らなくてもシアワセになれる道を自分で見つける、ということが出来るようになります。

 

なので、セッションで思い出話に花を咲かせる、というアプローチは結構効果があります。

 

割と害はなく、意外と簡単に出来るアプローチなので、ぜひ試してみてください。

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】