クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう!

(‘∇^d) ☆!!

 

 

 

 

 

 

 



愛情表現には2つのパターンがあります。

 

不安に基づくものと、愛情に基づくもの

 

不安に基づくものは、たいてい疑問形または否定的なカタチで相手に発せられます。

 

つまり…

 

「私の事、本当に好き?」

 

「あなたに会えなくて寂しい」

 

というものですよね

 

一方、愛情に基づくものは肯定的なカタチで表現されます

 

「あなたの事、愛しているよ」

 

というものですよね

 

占いカウンセラーとして、注意が必要なのは、クライアントが不安に基づく愛情表現をしていないかどうか、という点です。

 

というのは、不安に基づく愛情表現は、相手を間違いなく疲労させてしまうからです。

 

というのは、不安に基づく愛情表現は、相手に愛情表現を強要するカタチになっているため、それは相手にとって負担になるわけです。

 

「え?それにいちいち答えなきゃいけないの?」という気分にさせてしまうんですよね

 

そうなると、いわゆる「重たい」関係になってしまうんですね。

 

この、疑問形による愛情表現は、「再確認行動」と呼ばれるものなのですが、これが非常に多い方っておられるんですね。

 

なので、占いカウンセラーとして恋愛の不安を訴えてきているクライアントがいたら、それを相手にもやっていないかどうか注意する必要があります。

 

そして、愛情表現を肯定的なカタチに置き換えるように促す事が求められます。

 

ただ、セッションでそうしたエピソードをクライアントが自発的に話す事は稀です。

 

というのは、そうした言動が重たいという事に気が付いていないからです。

 

なので、「相手の愛情を確認するとき、どんな風に言っていましたか」という投げかけが有効です。

 

そこで疑問形あるいは否定的なカタチだった場合、確実に相手に負担を与えています。

 

その点を上手に変化させてくださいね。

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】