クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 


恋愛関係では、どうしても大なり小なり摩擦が生じます。

 

その摩擦を繰り返して相手に対する理解を深めていくものですが、それが機能しないケースだって当然あります。

 

摩擦が最終的にケンカに発展して…というパターンが多いのですが、ケンカって体力・精神力を使いますよね。

 

だから、恋愛関係では話し合いが必要なのですが、その話し合いが成立するとしても、結果は2通りに分かれます。

 

1つは、話し合いを通じて相互理解が深まる、というパターン

 

もう1つは、話し合いを通じて、どちらか(あるいは双方)が相手に対して何かしらを諦める、というパターン

 

前者の場合だと、関係がより深まるという意味でポジティブです。

 

しかし、後者の場合は、諦めた分だけ愛情も減ってしまいます。

 

この、「理解」と「諦め」の違いは、相手を受け入れるかどうかです。

 

理解は、相手を受け入れる事を意味します

 

しかし、諦めは、相手に対する拒絶を意味します。

 

つまり、諦めた部分は今後相手に求めないという意味で拒絶であり、拒絶がある以上、愛情がその分機能しなくなるんですね

 

恋愛で諦めざるを得ない事が出てくることは、ある程度仕方のない事です。

 

問題は、諦めた後に、それに代わる何かがあるかどうか、という点です。

 

例えば不妊治療をしていて、片方が身体的に子供が出来ない体質だった、という場合。

 

こうした場合だと、子供のいる家庭はあきらめざるを得ないけど、子供のいない仲の良い関係、という別のシアワセが生まれます。

 

この、諦めに変わる別のシアワセがあるなら、その諦めは帳消しになりますが、それがないと、次第に関係は機能しなくなっていきます。

 

そうした意味で、関係で諦めが生じるということは、可能な限り避けた方が良い事と言えます。

 

占いカウンセラーとして、ちょっと頑張らなくてはならないところは、ここなんですね。

 

恋愛を機能させるために、ある部分を諦めるというのは、ある言意味で大人としての賢明な対応です。

 

そもそも、相手に出来ない事を要求する方が、はるかに非生産的ですから。

 

しかし、ある何かを諦めたら、その諦めたことに変わるシアワセとは何か、という点をクライアントと一緒に考える必要があります。

 

もし、得るものがない諦めで終わると、やがては関係の終焉へと繋がっていきます。

 

ですから、例えばセッションで相手の性格等に問題があり、諦めた方が良いと判断されるなら、「その代わりになるシアワセはなんでしょうね?」という問いかけをしてみてください。

 

大切なのは、諦めただけで終わりにしない、という事です。

 

ぜひ、頑張ってくださいね!

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】