クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 

 



クライアントの中には、失恋等で本来泣くべき時に涙を流せない、という方がいます。

 

これがなぜ問題かというと、人というのは否定的な現状を受け入れる際、泣く事によって事実を受け入れ、自分を癒す事が出来るから、なんですね。

 

特に復縁希望の方で、クライアントが離別につて到底納得できていない場合や、恋愛のストレスが大きい場合、涙を流して自分を癒す、という事は非常に重要です。

 

だから、私の鑑定でも、「あれ?これは涙を流した方が良いケースだな」と思ったときは…

 

「この件で涙を思いっきり流されましたか?」

 

という確認を取るようにしています。

 

涙が流せなかったという場合、考えられる理由は3つです。

 

1つは、今回の否定的な出来事等で自律神経がおかしくなっている、というケース。

 

涙を流す場合、副交感神経が作用するのですが、その副交感神経が機能していない、という事が考えられます。

 

これは、放っておいたら心理的・精神的な問題が出てくるので、対処が必要になってきます。

 

なので、先ほどの質問に合わせて…

 

「最近、不眠だったり、落ち込みが激しかったりしていませんか?」

 

という確認を取り、該当するようだったらリラクゼーションの方法をお伝えする、というアプローチをとっています。

 

もう1つの涙を流せない理由は、ショックが大きすぎて事態を受け入れられていない、というケース。

 

ショックが大きいため、潜在意識が危険信号を察知して、心をフリーズさせてしまっているんですね。

 

「最近、何かしらの事に対して無感覚になったな、という実感はありますか?」という質問から、ショック状態にいるのかどううかが判断できます。

 

最後は、現状を受け入れたくないので、自ら心のシャッターを閉じてしまっている、という状態です。

 

あえて無感覚になる事で現状を否定して、その結果涙を流せなくなっているわけですね。

 

実は、このケースが一番問題が大きいのです。

 

というのは、積極的に現状を否認して、態度を硬化させてしまっているからです。

 

この場合、例えば復縁するにしても、デリケートなアプローチをとることが難しくなりますし、相手と良好な関係を作る事も難しくなります。

 

恋愛というのは、目の前で怒っている出来事を受け入れる事で、関係を前進させ、建設的なアプローチを可能にします。

 

復縁やフラれた、という場合、涙を流して現状を受け入れる事で、現状や相手をありのまま受け入れた上でアプローチをした方が、結果は良好なんですね。

 

ですので、占いカウンセラーとしては「涙を流す」という事を積極的に推奨した方が良いと言えるでしょう。

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】