クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう

 

 

 

 

 

 



恋愛感情の表現には、ポジティブなものと、ネガティブなものとがあります。

 

ポジティブなものとは…

 

「あなたと一緒に過ごせてシアワセ」

 

一方、ネガティブなものは…

 

「あなたと一緒に過ごせないと不安で寂しくて仕方がないの」

 

というもの。

 

一見、ネガティブな言い回しの方が説得力があるように思えます。

 

事実、こうしたネガティブな想いに基づいた愛情表現は、最初の内は相手に好意的に解釈されます。

 

しかし、それが続くと、相手は次第にその関係に疲労してしまうようになります。

 

というのは、ネガティブな発言があると、人は無意識のうちに、そのネガティブな状態を何とかしてあげたい、という心理が働きます。

 

しかし、それが次第に続くと、今までなんとかしようとしてきたことが解決に繋がっていない、という事になり、徒労感が強くなっていくんですね

 

また、不安や寂しさを1人で埋められない、という意味で未成熟というレッテルを張られてしまう事に繋がります。

 

この手のミスって、不倫や復縁というクライアントにとってストレスが多い恋愛では、割と多いんですね。

 

確かに、こちら側の不満を表明する事は、悪い事ではありません。

 

しかし、愛情表現はポジティブなものでないと関係は維持できません。

 

感謝の気落ちを持ちましょう…という話しではありませんが、会うたびに不満を表明されるのと、会うたびに感謝されるのとでは、相手の印象は全く違いますよね。

 

なかなか会えない、思うようにいかない、という場面ほど、ポジティブな表現が重要になります。

 

不倫や復縁が上手く行っていない、なかなか会えていない、という場合、こうした面もチェックするようにして句ださいね。

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】