クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 

 



私達の活動はクライアントの相談によって成り立っています。

 

そして、相談があるという事は、クライアントは問題を抱えている、という事になります。

 

問題解決を図るためには、原因を特定しないと…

 

多くの占いカウンセラー、占い師さんはそのように考えます。

 

しかし、この考えは正しいのでしょうか?

 

例えば、彼に対して再確認行動(『私の事、好き?』という言動)を延々と繰り返して重たくなって別れた、という場合

 

こうした場合、じゃあクライアントが再確認行動を取らなくなれば、2人は復縁できるのでしょうか?

 

出来ませんよね、普通は

 

というのは、今さら「ごめんなさい、改めます」といったところで、相手からすればもう終わった関係なので、相手が改めようがどうしようが、どっちでも良い、という事になるのです。

 

確かに、復縁する上で同じミスを繰り返すわけにはいきませんから、再確認行動を控える、というのは当然の事です。

 

しかし、それはマイナスをゼロにはしても、ゼロをプラスにする効果はないんですね。

 

では、私達は何を探すべきかというと、「問題発生の原因」ではなく、建設的な解決策になるのです。

 

例えば、先の例で言えば、自信にあふれた態度を示して相手の信頼を勝ち得る、ということが言えるでしょう。

 

第三世代の認知行動療法である「ACT(Acceptance and commitment therapy)」という療法でよく言われている事なのですが、「原因ー結果」という因果関係的な発想は、心の外の問題には上手に対応します。

 

例えば、車が走らなくなった原因が、ラジエーターが壊れたからだ、という因果関係があれば、ラジエーターを直せば車は走るはずです。

 

しかし、対人関係や心理・精神的な面など、「ココロの問題」には、この因果関係での解決は上手に当てはまらないんですね。

 

原因を特定して、その問題行動を減らす努力をする

 

確かに、これは必要ですが、問題解決には十分ではありません。

 

そのため、私達占いカウンセラー、占い師には創造的かつ建設的な問題解決の能力が問われるんですね。

 

ぜひ、原因から離れた解決策を考えてみてください

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】