クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 



よく占い師・占いカウンセラーの卵の研修を担当するのですが、技術的に未熟な人ほど、アドバイスの段階で次のような表現を使うんですね

 

「~しか方法はないですね」

 

しかも、それをすることによってどんな変化が生じるか、という説明が不足しています。

 

これをクライアントに当てはめて考えると、問題解決のための選択肢は1つしかなく、しかも効果がどうでるか分からない、という話しになります。

 

これで納得できるクライアントはごく少数でしょう。

 

では、どのような話し方なら効果的なのでしょうか?

 

人は、選択肢を奪われるという状況を最も嫌います。

 

選択肢がある程度確保されているということは、自分が自律的に行動出来ているという実感を持つ事が出来ます。

 

しかし、選択肢がないと、その選択肢を「強制された」と認識してしまうんですね。

 

となると、選択肢はいくつかあった方がベターな訳です。

 

その中で、最適な選択ができるようにアシストするわけです。

 

例えば、A、B、Cという選択肢があって、最も望ましい選択肢がBだとします。

 

そして、クライアントがAを選んだら、いったんその選択を評価します。

 

その後、その選択肢の問題点を指摘します。

 

その際、重要なのは、クライアントの不利益をはっきりと伝える事です。

 

Cを選んだ時も同様です。

 

そして、Bを選んだときは(少々大げさに)クライアントを褒めるのです。

 

この方法なら、クライアントは「自分で最適な選択を出来た」という満足感を得る事が出来ます。

 

そして、自分で選んだ選択肢なので、実行される可能性が高くなります。

 

ぜひ、試してみてくださいね

 

ただし、悪用厳禁です!

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】