クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 

 


恋愛関係が成立すると、多少なりとも生活スタイルの衝突や摩擦は発生するものです。

 

また、恋愛関係と言えども、四六時中一緒にいるわけではありませんから、1人でどのように過ごすか、という事も大切なテーマになってきます。

 

この「1人で過ごす」という事が苦手な女性クライアントは決して珍しくないんですね。

 

1人で充実した時間を過ごす事が出来ないので、どうしても相手と一緒にいる事を求めてしまいますし、それが束縛というカタチで現れる事もあります。

 

例えば相手の男性が仕事で忙しくなったり、自分自身の趣味の時間を楽しむようになると、途端に孤独感に苛まれてしまう…という事になるんですね

 

 

 

 

 


そうした経緯から、1人で充実した時間の過ごし方を知らない女性の恋愛は短命で終わる傾向が強くなります。

 

私達占いカウンセラーの場合は復縁の相談も多いのですが、そうした相談の際に「1人で過ごすときはどのようにしていましたか?」と聞くと「単にボーっとしていました」という回答が返ってくるのは、まさにその典型例なんですね。

 

そのため、例えば復縁の相談の場合だと、そのクライアントが1人で充実した時間を過ごすスキル(?)を持っているかどうかを確かめる事はした方が良いでしょうし、復縁を目指すのであれば、1人で過ごすスキルを磨く事が優先されるようになってきます。

 

恋愛関係は、「1人で過ごす時間」の過ごし方で全く違うものになってきます。

 

1人になったら、これ幸いに自分の趣味や楽しみに没頭し、ストレスをため込まないどころか、充実した楽しい時間を過ごせる女性

 

一方、逆に何をしたらいいかわからないので、ストレスをため込んでしまう女性とであれば、どちらが恋愛で有利かは想像がつきますよね。

 

そのため復縁の場合は、可能な限り具体的に「1人の時間を有意義に過ごせるようにアシストする」というアプローチがどうしても大切になります。

 

特に復縁の場合、1人になると孤独感に苛まれて、いてもたってもいられず、占いジプシーをしてしまう…というのは、考える限りにおいて最悪の選択肢です。

 

もちろん、それでストレスを発散できるのであれば良いのですが、本来は1人でも楽しめて、占いの入る余地がないのが基本ですからね。

 

復縁や恋愛関係において1人の時間が長いという場合は、そうした点も視野に入れてフォローアップしてくださいね。

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】