こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 

 



私は占いカウンセラーの現場で、よくクライアントに次のような質問をします。

 

「あなたは、彼にとってどんな存在でありたいですか?」

 

すると、割と多いのが…

 

「頑張っている彼の癒しになりたい」

 

というものです。

 

ふむ…

 

まぁ…

 

分からなくもない…

 

けど…

 

「では、あなたは彼と同じくらいに日常生活が充実していますか?」

 

と問うと、たいてい「NO」という言葉が返ってきます。

 

そもそも、恋愛関係というのは、お互い対等であって初めて成り立つものなんですね。

 

そこで、彼に対して母親的な役割を持つというのは、一見女性が優位にみえますが、実は女性が彼よりも下の立場になっている事が多いんですね。

 

つまり、追随的に彼についていって、必要とあれば毛布と枕を提供してあげる…という関係。

 

この関係を「対等な関係」とは言いませんよね。

 

確かに、恋愛や結婚関係で相手にとっての「母親」を求められるときはあります。

 

しかし、そうした場面は限りなく限定されています。

 

ほとんどの場合は、男女という異性の関係にありますし、そこではお互いの人間性が意味を持ちます。

 

よく恋愛であるのは、男性側から見て女性が、男性の事を好きなのだろうけど、それ以外の背景が全く見えてこない、というものです。

 

要するに、「私はあなたの事が好きです」以外が全く伝わっていないというものなんですね。

 

人間的な魅力が伝わって初めて恋愛は成立しますので、魅力ある形で人間性が伝わらないと、恋愛としては成立しないんです。

 

ここで占い師・占いカウンセラーとして注意しなければならないのは、「どんな情報を相手に発信しているか」、という点です。

 

この情報発信はLINE等のSNSだけではなく、普段の言動です。

 

そこで、めぼしい情報発信がされていないのであれば、まずはクライアントの日常をより充実したものにする、というアプローチから始めるのが効果的なんですね。

 

逆説的ですが、クライアントの状態を変える事で逆に恋愛関係が早く進展する、という事は結構あります。

 

また、こうした恋愛の場合、閉塞的な状況で相手に対するアプローチが限られている場面が多いので、なおの事、こうしたアプローチが功を奏します。

 

ぜひ、クライアントが「彼のママ症候群」に陥らないように、上手くアシストしてくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】