こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 



クライアントが、例えば誰かの言葉で傷ついた、というケースがあった場合、思い出して欲しい事があります。

 

他人のデリカシーのない言葉って、実はその裏には期待や願望や羨望が隠れているんです。

 

例えば、「お前はバカだ」という発言があるとしますよね

 

その場合、その発言した人には「お前はバカであって欲しい」という願望や期待が隠れています。

 

同様に、「その程度の事も出来ないのか?」という発言の裏には「その程度の事もできないお前であってくれ」という想いがあります。

 

占い師として独立する!といったときに「いやいや、業界も厳しいから上手く行かないよ」という言葉を言う方は、「自分はそれが出来ないから、あなたには成功して欲しくない、しないで欲しい」という願望が隠れています

 

このように、否定的な発言をする方って、自分の「こうあって欲しい」という願いなどを否定的な発言に乗せる事が多いんですね。

 

これが分かれば、否定的な言葉をするりと避ける事も難しくなくなりますよね。

 

そして、これは自分自身にも言えます

 

もし、自分が誰かに否定的な発言をしているなら、そこには「そうであって欲しい」という願いが隠れています。

 

では、なぜそうであって欲しいのでしょうか?

 

そこには、羨望や、自分か取り残されるような気持ちが隠れていませんか?

 

その点にスポットライトを当ててみると、自分自身の成長の限界が見えてきます

 

その成長の限界に捕まらないようにしてくださいね!

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】