こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

では、早速始めましょう。

 

 

 

 

 

 

さて、今日の占いカウンセラー養成ブログは、カウンセリングやコーチングの視点から、占い師が持つべきゴール設定のスキルについてお伝えします。
参考にして頂けると幸いです。

【クライントを継続的にサポートするには?】

私たちもそうですが、悩んでいる状況というのは、簡単な1回のアドバイスだけで解決はされません。
1回の鑑定でアドバイスできる内容は限られていますし、またクライントの状況も変化していきます。
また、状況が動かない、という閉塞的な場面ほど、クライントの忍耐は試されるわけで、そうした局面を支えるためには、継続的なサポートが必要です
しかし、カウンセリングやコーチングの場合は、最初の段階で一定期間継続するよう設定されます。
つまり、「この程度の期間、一緒にやっていきましょうね」ということが、最初に行うインテーク面談で決められるのです。
ですから、継続的なサポートも容易になりますし、またそれが前提となります。
しかし、占いの場合はそうした継続性は前提となりません。
つまり、リピートされるかどうか、という点は未定なんですね。
こうなると、継続的なサポートができない分だけ、クライントの問題解決も難しくなります。
では、どうしたら継続的にサポートできるのでしょうか?
元々、私はカウンセラーですので、ある習慣が身についています。
それは、「目標を『長期・中期・短期』に分ける」というものです。
例えば、復縁希望の方がいるとして、「彼と復縁したいのですが、どうしたらいいでしょうか?」という質問が来たとしましょう。
そのとき、「復縁」という願望が叶うためには、どんな条件が必要かと考えると、たくさんありますよね。
連絡ができない状態であれば、まず連絡できるようにする必要がありますし、恋愛感情の回復や、相互の受けた傷のケアも必要でしょう。
それらの点を整理すると、「ゴールはあそこ、今はここ、そして…」という形になりますよね。
「復縁するためには、彼のこの関係に対する不信感を取り除く必要がありますよね。
そして、取り除くためには、ある一定期間、相手からみて『あぁ、良い関係だな』という印象を作る必要があります。
そのためには、まずは彼との会話の内容を見直しましょう」
というように論点を整理して伝えるとクライントも理解しやすいですし、またゴールまでの道筋が見える分だけ、継続して頑張ろうという動機も生まれます。
言い回しは皆さんにお任せするしかありませんが、『長期・中期・短期』という視点を意識してみてください
ただ1点、注意して欲しいことがあります。
それは、長期目標を強調しすぎると、「すごく長い期間、頑張らないといけない」と解されてしまい、逆にモチベーションが下がってしまう、というものです。
ですので、期間をある程度区切ることは必要ですが、まずは短期目標に集中するように促してください。
「まずは、これを頑張りましょう。そしたら、次はこっちね」というイメージです。
こうすることで、リピーターを作るという意味でも有益です。
ぜひ、応用してみてくださいね。
ではでは~

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】