こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、電話占い師養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

早速始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のブログのテーマは

「電話占いを成功させるコミュニケーションのコツ」

についてお伝えしますね

 

《 今回の概要 》

実力のある占い師はコミュニケーションを最大限活用しています

そして、その活用用法にはある特徴があります

その特徴は、だれであっても習得可能なカンタンなものです

習得することで、占い師としてのパフォーマンスも上がります

なによりも、クライエントに対して「寄り添う」ことがよりできるようになります

 

 

では、本題に入りましょう!

 

 

《 「話し方」が全ての電話占い 》

 

私たちは普段、誰かと会ってコミュニケートするとき、

 

顔の表情や身振り手振りという

 

「非言語」を交えて話しをします

 

しかし、電話占いではそれが通用しません

 

そのため、電話占いでは

 

非言語の部分もすべて「話し方」で

 

表現する必要があります

 

まず、この特殊性をきちんとクリアしないと

 

占い師さんとしてクライエントから

 

信頼されないという問題が生じます

 

では、どのように

話し方を改善したらいいのでしょうか?

 

《 上手い電話占い師が活用する『あること』とは? 》

 

話し方には、大きく分けて3つの分類があります

(1)言葉の発し方の改善(発生方法)

(2)言葉の内容の改善(伝え方)

(3)受け答えの改善(コミュニケーションスキル)

 

 

この中で一番簡単なのが

 

(3)の「受け答えの改善」です

 

そして、電話鑑定が上手な

 

占い師さんが受け答えの改善で

 

実践しているのが、「沈黙の活用」です

 

つまり、数秒程度の間ですね

 

この「沈黙の活用」ができるようになると…

 

・クライエントに伝わる情報量が増える

・クライエントの感情面にもアプローチできる

・共感的な対応をクライエントに示すことができる

・より「深く本質的な」鑑定ができるようになる

 

という利点があります

 

《 実際の「沈黙の活用」の方法 》

 

では、具体的にどのように

 

沈黙を活用したら良いのかご説明しますね

 

(1)沈黙という間の時間

間を空ける時間は概ね

 

1秒~5秒程度を目安にしてください

 

それ以上になってしまうと、

 

まるで放送事故のようになってしまいます(笑)

 

(2)沈黙は占い師側の共感を表す

沈黙は占い師の発した言葉の

次にやってきます

 

そして、それによって

 

占い師の共感がより豊かに

 

表現されるようになります

 

例えば…

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

(例1)

クライエント(以下『CL』)

彼がまたブロックしたんです

 

占い師(以下『FT』)

また…ですか…!
(驚きを表す沈黙)

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

この驚きが共感を
示していることは分かりますよね

 

例えば、この対応が…

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

(例2)

CL:
彼がまたブロックしたんです

 

FT:
一時的ですよ、だから心配しないでください

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

という対応だと、

まるでクライエントが感じたショックや不安に

無関心であるかのような印象になりますよね

 

(3)沈黙の次に発する言葉がカギ

沈黙を空けた後、多くの場合

クライエントが話しをすることが一般的です

 

しかし、そうであっても

沈黙の次に占い師が発する発言で

クライエントへの伝わり方は全く違ってきます

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

(例3)

CL:
彼がまたブロックしたんです

 

FT:
また…ですか… !

 

CL:
もう、どうしていいか分からくなって…

 

FT:
それは、確かに…
(共感的な沈黙)
それを知ったとき、どんなお気持ちでしたか?
(共感的な問いかけ)

 

CL:
またか!って…

 

FL:
またか!ですよね…

(共感的な沈黙)

一時的な問題ですが…

(重要な話しをする前の沈黙)

●●さん(CLのこと)のおきもを考えると、

私もいたたまれない気持ちになります…
(共感の伝達)

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

もし、沈黙がない状態で、

 

「●●さんのお気持ちを考えると、

私もいたたまれない気持ちになります」

 

というフレーズを言った場合を

 

想像してみてください

 

どうしても薄っぺらい、

表面的なものになりますよね

 

《 上手に沈黙を活用する方法 》

 

沈黙の活用の最大のコツは、

頭で考えて意識するのではなく、

「共感的である」ということです。

 

意識的に沈黙を活用するのは、

ムリがあったり、技巧的であったり

してしまいます

 

しかし、「共感的に接しよう」

という意識があれば、

自然とできることでもあるんですね

 

「共感」とは、カンタンに言うと

相手が感じているであろう感情を

察しようとする姿勢です

 

ぜひ、共感的になって

沈黙を活用してくださいね!

 

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】