もしも、あなたがいなかったら…?

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

まず、個人的なおしゃべりですが…。

先日、パソコンの処理速度をあげようと、レジストリをいじってみたんですね。

そうしたら、不具合が発生しまして(涙)。

少々のトラブルは直せる自信があったのですが、今回はお手上げ。

そこで、数年ぶりにパソコンを初期化する事になりました。

ということで、ネットブックに頑張って働いてもらっています。

さて、おしゃべりはこのくらいにして、早速本題に。

私が占いの業界に入って、今年で10年目になります。

私はあまり横のつながりを持つ方ではないのですが、しかし色々な先生の情報は自然と集まってきます。

そうした情報の中で私が一番考えさせられるものは

「あの○○○という先生、廃業したらしいよ」

というものです。

占い師やセラピストを長年やっていると

「私は何のためにこの仕事をしているのだろう?」

という疑問が沸き起こってきます。

また、時に占い師は相談者からの手厳しい批判にも晒されます。

解決が困難に思える問題に直面し、自分の仕事の意義を見出せなくなる苦しみ。

これは、この業界にいれば誰でもいつかは直面するものです。

そうしたときに

「いやぁ~、プラスに考えていきましょうよ」

と言われても、気持ちはそう簡単には好転しません。

しかし…

そうしたクライエントを見た時に、私はこう考えるのです。

「もしも、あなたがいなかったら、過去あなたに『ありがとう』といってくれた人は、どんな生活を送っていたのだろう?」

私たちはそれぞれ違うパーソナリティを持っています。

ゆえに、私にできることと、あなたにできることは違います。

私が無力である場面でも、あなたならきっとパワフルになれる。

私に解決できない問題でも、あなたなら解決できる。

私たちは「誰かの役に立っている」と思える時、その力を最大限に発揮できます。

そして、あなたが占い師やセラピストを目指した時

「誰かの役に立ちたい」

という思いが必ずあったはずです。

その軸を必ず持ち続けるようにしましょう。

そして、この活動への情熱が失われそうになった時は

「過去の『ありがとう』」

を思い出してください。

では!

【関連記事】
■抱え込まない技術~占い師を続けるには~
占い師のメンタルケアの必要性
占いの的中率を左右する要素とは?

人気ブログランキング

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!