クライエントの苦痛を緩和する、ある一言【人気占い師の心理療法講座】

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、今日は「クライエントの苦痛をどう緩和するか?」というテーマで考えてみたいと思います。

bandage-1235337_640

悩みを抱えているクライエントの多くは、心のどこかで自己否定の思いに縛られています。

その結果、誰かを責めるか、あるいは自分を責めるか、というパターンに陥ってしまいます。

責めるのが他者であれ自分であれ、結局自分自身が傷つくことには変わりはありません。

この苦痛の中にクライエントはいるんですね。

そして、その苦痛はクライエントからエネルギーをどんどんと奪っていきます。

そのため、解決可能な問題であっても、解決が難しくなってしまうんですね。

この悪循環を断ち切るには、どうしたらいいのでしょうか?

ここで、私がよく用いるのが「ノーマライズ」という手法。

これは…

「このような状況にあって、あなたがそうなっても仕方がない」

というメッセージを伝えることなんですね。

そうすることで、自分自身に起こったことがネガティブな意味で特別なことではない、と感じられるようになります。

そうすることで、起こってしまった出来事を受け入れやすくするんですね。

クライエントは、自分自身に起こった出来事を受け入れることができないがために、多くの苦痛を抱えています。

しかし、その出来事を受け止めることができれば、そこから癒しのプロセスは始まっていきます。

「信じられない!」という状態よりも、「仕方がないんだよね」と思えた方が、回復が早いのはイメージできますよね。

だから、クライエントの状態をていねいに傾聴して、その傷ついた状態も含めて肯定してもらいたいんですね。

「あなたがそうなっているのは、仕方がないんだよ」

苦痛に満ちたクライエントにとって、これほど受容に満ちたメッセージはないでしょう。

では、今日はこの辺で!

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!