人気占い師に必要な「優しさ」とは?

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、電話占い師養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、早速始めましょう!

今回のテーマは、占い師やスピリチュアル・カウンセラーが持つべき「優しさ」についてです。



私たちの所へ来るクライエントの多くは、現実の問題に傷ついています。

そうしたクライエントに対して、占いやスピリチュアルの観点から解決を図るのが、私たちの役割です。

そうした場面で必要になるのは、クライエントに対する「優しさ」です。

中には、占い師やスピリチュアル・カウンセラーの中には、クライエントに対して厳しく一刀両断にするセッションをされる方もおられます。

そうしたアプローチを私は否定しませんし、それで胸がすっと救われるクライエントも一定数います。

しかし多くの場合、クライエントは私たち占い師やスピリチュアル・カウンセラーに「優しさ」を求めてやってきます。

また、私たち占い師、スピリチュアル・カウンセラーはクライエントの問題を解決し、かつクライエントを受容し受け止めてあげたいと考える方も多い事でしょう。

そうなると、私たちはクライエントに対して、「優しさ」を提供する必要性が生じます。

しかし、私たちが提供するべき「優しさ」とは、どのようなものでしょうか?

クライエントの問題が解決される指針を提供し、かつ心のケアをするという「優しさ」が、まず真っ先に思い浮かばれるのではないでしょうか?

確かに、この優しさは非常に重要で、私たちの鑑定やセッションの中核を意味するものと言えるでしょう。

しかし、私たちが提供するべき優しさは、もう1つあります。

それは、「●●をしない優しさ」です。

例えば…

ライエントを否定しない優しさ。

クライエントを傷つけない優しさ。

クライエントが自分でできる事はしない優しさ。

クライエントの自己決定権を奪わない優しさ。

クライエントを鑑定やセッションに依存させない優しさ。

そうした、「●●しない優しさ」は、案外と私たちは意識しないものです。

しかし、そうした優しさもまた、鑑定やセッションの中核をなすものなんですね。

ぜひ、この「●●しない優しさ」も意識してくださいね。

ではでは~

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!