基本を振り返る大切さ~連載:占い師になるには?~

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

 

最近、コンサルをしていて、ある気づきがありました。

それは・・・

「ビジネスの最初の段階で、ある程度準備が出来ている方が、その後の成長が早い」

というものです。

もちろん、ビジネスは試行錯誤の連続です。

しかし…

1:やるべきことの大枠が分かっている中での試行錯誤

2:何も知らない状態からの試行錯誤

この2つでは、当然1の方が効率が良いですよね?

また、ビジネスがある程度進んでいても、一度基本を復習することで・・・

「自分の弱点」

「今の活動で盲点となっていること」

「基本的な活動内容の改善点」

を知ることができます。

そこで、連続的な連載ではありませんが

「占い師になるには?」

と言う基本的なテーマを数回に分けて考えてみたいと思います。

この記事の目的は・・・

①これから占い師を目指す方の場合

占い師として知っておくべきこと、業界の状況、集客などの基本的な方法の習得。

②すでに占い師として活動している方の場合

さらに占い師として成長するための、土台となる基本的なスキームの改善と弱点の洗い出し。

という点を考えています。

「基本を振り返る」ということは、実はとても大切なことです。

というのは、

「習得した基本を超えた成長はない」

からです。

例えば・・・

一般的に、深い穴を掘るためには、広い面積が必要です。

逆に言えば、設定した面積によって掘れる穴の深さはだいたい決まっています。

ここでの「穴の深さ」は応用力、そして「面積」は基本とお考えください。

つまり、基本以上の応用力は発揮できないのです。

だから、ある程度の応用力がついたら、一度基本に立ち返るのと、より効果的に成長できます。

ちなみに、私の場合は定期的に「そもそも…」という質問を自分に投げかけます。

「そもそも、このタロットカードの意味は?」

「そもそも、集客は何のため?」

「そもそも、介護サービスで一番大切なのは?」

そして、熟練度が高まれば高まるほど、この「そもそも論」はより洗練されていきます。

ということで、本格的な記事は次回以降にします。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

【関連記事】
女性の起業としての占い師
占い師になるには
占い師になるのに霊感は必要?

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!