売れる占い師になるために、まず考えたいこと

皆さん、こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、さっそく始めましょう!


趣味で占いやスピリチュアルをやっている、ではなく仕事としてやっていくためには、お客様に選ばれることが絶対に必要です

そのために、アメブロやツィッターの集客をしましょう、ということになるのですが、その集客の前に考えなくてはいけないことがあります

それは、「何を提供するか?」なんですね

つまり、「あなたの『商品』はなんですか?」ですよね

そもそも集客をしても商品がない、商品に魅力がないと、どうにもなりません

でも、商品が魅力的であれば、集客は加速度的に上手くいきます

なので、もしも皆さんの中で集客が上手くいっていない、という状態があるとすれば、それは商品がない、あるいは魅力的になっていない、という可能性が大と言えるでしょう

では、その商品とは何でしょうか?

皆さんの場合だと、占いをする、スピリチュアルセッションをする、ということになろうかと思います

でも、実はそれは商品ではないんですね

というのは「占いそのもの」「スピリチュアルそのもの」に惹かれてやってくるお客様はごく少数だからです

どのサービスでもそうですが、「商品」とは、「それを購入して実現されるもの」を意味します

分かりやすく言うと、例えば美容室の場合だと、髪の毛を切るのはあくまでも手段

私たちは、もちろん髪の毛を切って欲しいのですが、髪の毛を切ることを目的に美容室に行くのではありませんよね

美容室に行って、「おしゃれな髪型にして欲しい」という目的があるわけです

つまり、占いやスピリチュアルは単なる手段であって、その手段を使って実現して欲しいことがあるから、お客様はやってくるわけです

となると、占いやスピリチュアルを使って何を実現するのですか?という問いが出てきます

ここでもう1つ考えたいのは、「誰に?」「どのような?」という視点です

「占いを使って悩んでいる人をサポートしたい」

これはこれで意味としては通じますが、それだと占いに相当に魅力がないと商品としては失敗しています

でも…

「占いを使って片思いの相手のココロを全部読み取り、相手の攻略法をお伝えします」

だと、相当に商品としては魅力がありますよね

ここには、「片思いの人」「攻略法」というファクターが入っていることで、提供するものがより具体性を持つようになるんですね

ビジネスは単純な掛け算でできています

つまり…

商品=手段(占い等)×対象(片思い等)×お客様が実現したいもの(恋愛成就等)

という方程式です

この方程式をまず頭に入れて、商品力を磨くようにしていきましょう

ではでは~

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!