相談者の過去を認める大切さ

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、先日の話。

ある相談者が私の元へ来ました。

内容をざっくりとお伝えすると、相談者自身のミスにより、恋愛関係が破綻してしまった、というものでした。

その相談者のミスを見たところ、確かに誰がどう聞いても相談者に非があるものでした。

そこで、あれこれと対応を話し合っていた時に、相談者から次のような発言が出ました。

「実は、他の先生にも占ってもらいました。

その占いで、『あなたがミスをしたのだから、修復したいなんて虫がよすぎる!』って言われたんです」

あぁ、なるほどね~。それは傷ついたでしょう。

「えぇ、だから不安になって先生に相談をお願いしたんです」

私たちも人間ですから、相談者の非に対して厳しくなりたくなることもあります。

また、時には相談者の問題を率直に指摘しなければならない場面もあります。

ただ、1つ覚えておいてもらいたいのは…

それがどれだけ愚しいミスであっても

あの時のあの段階の相談者にとっては、それ以外の選択肢はなかった

ということです。

結果論で相談者の行動の良し悪しを検討することはできます。

また、それは相談者の成長や問題解決にとっては重要でしょう。

しかし、相談者にも人間的な限界があります。

その人間的な限界を抱えた相談者が、結果的に間違っていたのだけれども、取らざるを得なかった行動が、そのミスなのです。

ダメだと分かっていても、それでも繰り返してしまう弱さは、相談者だけでなく私たちも持っています。

そして、そのミスによって一番苦しんでいるのは、その相談者自身です。

誰かがその相談者を赦さなければ、相談者自身も自分を赦すことが難しくなります。

自己否定や自己嫌悪から何かを学ぶことは不可能です。

相談者が自分自身と向き合い、自分を赦すことのできる場を提供することも、占い師の大切な仕事です。

占い師が赦しを与える事はできません。

それが出来るのは相談者だけです。

ただ、過去の相談者をありのままを認めることで、相談者は自分と向き合い、そして赦しを与える事が出来るのです。

だから、相談者を私たちと同じ弱さを持った同じ存在として受け入れましょう。

そして、認めていきましょう。

では、今日はこの辺で!

【関連記事】
ストーリで問題を考える【人気占い師の集客とリピートのワザ】
占い師が信用されるとき【人気占い師になるためのリピーター獲得講座】
人気占い師になるための「聞き方」スキル【人気占い師実力養成講座】

人気ブログランキング

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!