身体が記憶する心の傷【人気占い師になるためのセラピー技】

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、今日のテーマは…

「占いセラピー・カウンセラーが知っておくべきセラピーの技術」

についてです。

私たちの記憶の多くは脳に依存しています。

しかし、記憶するのは脳ばかりではありません。

実は内臓や皮膚、筋肉にも記憶があります。

いや、もう少し正確に言うと…

「潜在意識の記憶が内臓や皮膚、筋肉に現れる」

といった方がいいでしょう。

これは実際にあった例です。

長年、親からの虐待を受けていた女性がいました。

その女性がカウンセリングを受けに来ました。

インテーク面談の際に簡単なアンケートをお願いするのですが、そのアンケートに奇妙な点がありました。

普通の文章はきれいな字で書いているのですが、名前だけはひどく乱雑な字なのです。

そのことを聞いてみると…

「自分の名前を書こうとしても、上手くかけないんです」

ということでした。

ためしに再度書いていただいたのですが、ご自分の名前を書くときだけ、上手く指の筋肉をコントロールできないようでした。

これは顕著な例ですが、似たような出来事はたくさんあります。

精神的に参っている方の場合、何かしら身体的なところに症状が出たりするのも、同じですよね。

筋肉の動きは潜在意識がコントロールしています。

そして、潜在意識の健康が損なわれれば損なわれるほど、一般的に不随意なところに影響が出ます。

このように、心の問題は大なり小なり身体にでるんですよね。

実は、心の問題を心だけで解決するのはムリがあります。

奏した時は、むしろ身体的なアプローチの方が効果的です

心の問題に対して身体的な面からアプローチする方法はたくさんあります。

私がクライエントにお勧めしている方法はいくつかありますが、その中の1つをご紹介します。

1:ゆったりとした状態で両足を広げて立ちます。

2:目を閉じて身体全体に意識を向けます。ちょうど、自分自身の体を意識を使ってスキャンするような感覚です。

3:違和感を感じる部位があれば、そこに意識を向け、その違和感を大きくします。

4:違和感を強く感じたら、「ムリさせてごめんね」と労わりながら、ゆっくりと身体を動かします。

5:違和感が解消されたら終了です。

コツは、意識的にゆっくりと身体を動かすことです。

本当にゆっくりと、まるで動物のナマケモノのような感じで、無理のない範囲でゆっくりと動かしてください。

では、今日はこの辺で!

追記

今日、仕事をしているとき、ふとあるメロディーが浮かんできました。

そのまま何気なく口ずさんでいると、とても懐かしい気持ちになってきました。

「あぁ、この曲は昔、大好きでよく聞いていたなぁ~」

その曲とは、EPOの「百年の孤独」

しかし、itunesに入れていなかったので、早速入れることにしました(^_^)

しかし、長年放っておいたため、ケースにひびが…

幸い、CDは無事でしたが(^_^)

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!