クライエントに対する影響力を考える

皆さん、こんばんわ。

 

スピリチュアル・カウンセラー、占いカウンセラー養成講師のミスカトニックです。

 

さて、先日の日曜日、出版記念セミナーを開催しました。

 

アイキャッチ

 

多くの方に集まって頂き、本当にうれしかったです。

 

まずは、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

ただ…

 

「セミナーを受けたかったけど、日程が合わなかった」

「もう一度セミナーをして欲しい」

 

というお問合せを多数頂戴しています。

 

そこで、無料セミナー第二弾をまた検討したいと思います。

 

さて、今回のブログテーマは、私たちがクライエントに対して持つ影響力についてです。

 

影響力

 

私たちは日常的に誰かに対して影響を与えています。

 

そして、スピリチュアル・カウンセリングの場合、その影響力はさらに大きなものとなっています

 

スピリチュアル・カウンセラーとして豊かに成功したいのであれば、どのような影響力を与えているか、という点がとても大切になってきます。

 

しかし、自分自身が相手に対してどのような影響力を与えているか、という点を意識している方は少数派です。

 

というのは、メッセージを発する事に集中あまり、そのメッセージで相手がどのような感情を持つかまで、意識が回らない方も少なからずおられるんですね。

 

そのため、あなたがクライエントに発信したメッセージが、相手にどのように受け止められ、どのように感じるか、という点に意識を向けるようにして見てください。

 

つまり、クライエントのアタマではなくマインドや感情に意識を向けて訴えかけるのです。

 

好影響というのは、クライエントの気持ちが明るくなったり、ホッとできたり、問題が解決されるというものです。

 

逆に悪影響というのは、不快感を受けたり、気持ちが暗くなったり、不安感が大きくなったり、問題が解決できなかった、というものです。

 

あなたのメッセージによってクライエントの気持ちが明るくなるのでされば、あなたのセッションは成功です。

 

ぜひ、クライエントの感情に意識を向けてください。

 

そして、その感情を明るいものとするように意識してみてください。

 

決して、メッセージを発する事だけに集中しないでくださいね。

 

クライエントの感情を明るいものにする事ができれば、そのセッションは成功です。

 

せひ、あなたのメッセージでクライエントの感情がどのように変わるか、という点を意識してみてくださいね。

 

では、今日も良いセッションンを!

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

スピリチュアル・カウンセラー養成学校については、こちらをご覧ください

 

スピリチュアル・カウンセラー養成学校について

 

スピリチュアル・カウンセラー養成講座については、こちらをご覧ください

スピリチュアル・カウンセラー養成講座

 

占いカウンセラー養成講座については、こちらをご覧ください

占いカウンセラー養成講座

 

スピリチュアル・セッション、占いカウンセリングセッションは以下をご覧ください

セッションについて

 

メルマガでは定期的な情報発信をしています。ぜひご覧ください!

メルマガ登録

 

お問合せ等はこちらからお願いいたします。

お問い合わせフォーム

 

影響力
最新情報をチェックしよう!

Instagram