引き寄せで、絶対に避けたい事

皆さん、こんばんわ。

スピリチュアル・カウンセラー、スピリチュアル・カウンセラー養成講師のミスカトニックです。

 

さて、前々回の記事でスピリチュアルをさんざんdisったのに、今回は前回に引き続き、引き寄せの法則の第2弾です(笑)

 

 

いわゆる成功者と呼ばれる方は、結果として成功を引き寄せていますよね

 

じゃあ、そうした人たちが全て素晴らしい方ばかりかと言えば、そうではありません。

 

実際に、「人間的に、あんたどうよ?」と言いたくなる方も珍しくありません(苦笑)

 

詳細は避けますが、某外食チェーンを日本中に展開している社長さんなんて、パワハラ三昧という話しですからね

 

そうした人ですら、成功を引き寄せているのです。

 

ここが引き寄せの法則が誤解されているところなんですね。

 

ドライな言い方をすると、世に出回っている引き寄せの法則を、そのままやらなくても、望む現実を引き寄せる事はできるのです。

 

というよりも、これもドライな言い方ですが、感謝したら望む未来を引き寄せられるなんてウソです(もちろん、人として感謝は大切ですが)。

 

では、どのようにしたら望む未来を引き寄せられるかと言えば、前回の更新でもお話ししましたように、ピュアな自分自身になって、自分の人生を生きる事です。

 

もう少し詳細に説明すると、次のようになります

 

・他人軸ではなく「自分自身」になる

・自分をよりピュアにして、自分の生きたい人生を見つける

・リアリティに基づいた行動力

・決してウソはつかない事

 

これを実行すれば、望む現実を引き寄せる事は出来ます。

 

これらを少し解説すると、わかりにくいのは「ウソをつかない事」ではないでしょうか?

 

人生生きていると、結果としてウソをつく事もあります。

 

また、ウソが必要な場合もあるでしょう。

 

「ホワイトライ( White Lie:良いウソ)」というものがあるくらいですから、私たちの生活上、ウソはどうしても付きまとってきます。

 

だから、ウソの全てが悪いという訳ではありません。

 

ただ、ここで大切なのは「誰のためにウソをつくのか」という視点です。

 

相手の事を思って、必要に駆られてやむを得ずウソをつく事もあるでしょう。

 

これは、実は引き寄せの法則には影響しません。

 

例えば、故ロビン・ウィリアムズが主演した「聖なる嘘つき」という映画があります。

 

その映画の設定は、第二次大戦のポーランドのゲットー(強制収容所)に収容です。

 

そこで、ロビン・ウィリアムズ演じる主人公は、ゲットーにいる人たちに希望を与えるために、ドイツの敗戦が近いというウソをつき続けます。

 

これは、いわゆる「ホワイトライ」の典型例ですね

 

しかし、利己的なウソは引き寄せを遠ざけます。

 

もしも、望む現実を引き寄せたいのであれば、利己的なウソだけは絶対に避けるべきです

 

繰り返しになりますが、ウソの全てがダメなのではないのです。

 

もし、ウソが必要な場合、誰のためのウソなのかを考えてください。

 

それが引き寄せに影響するので、注意してくださいね

 

ではでは~

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

スピリチュアル・カウンセラー養成学校については、こちらをご覧ください

 

 

スピリチュアル・カウンセラー養成講座については、こちらをご覧ください

 

占いカウンセラー養成講座については、こちらをご覧ください

 

スピリチュアル・セッション、占いカウンセリングセッションは以下をご覧ください

 

メルマガでは定期的な情報発信をしています。ぜひご覧ください!

 

お問合せ等はこちらからお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!

Instagram