自分を取り戻すとは?

皆さん、こんばんわ。

スピリチュアル・カウンセラー、スピリチュアル・カウンセラー養成講師のミスカトニックです。

 

…前回の更新から、何と4か月!もかかってしまいました。

 

本当に忙しかったのです、ごめんなさいです!

。゚・(>A<)・゚。

 

これから、ブログは定期的に更新していきます!

٩( ᐛ )و

 

 

今日のテーマは、クライエントが自分を取り戻すプロセスについてお話しします。

 

クライエントのスピリチュアルな苦しみ(スピリチュアル・ペイン)とは、クライエントが今に対して意味や意義、希望を見いだせていないことに起因しています。

 

今が苦しい、悩みを抱えている…

でも、未来が見えない…

 

という状況が、スピリチュアル・ペインなんですね。

 

そして、私たちは無意識のうちに「未来どうなりたいのか?」「どうあって欲しいのか?」という観点から、今の自分を見ています。

 

つまり、未来に希望が持てなくなると、今の自分について不安定さや希望が持てなくなる、という構造です。

 

例えば、キャリアで悩みを抱えている人がいるとします。

 

その人は、自分のキャリア像が見えてこないので、今が不安定に思えてしまう、希望が持てなくなってしまう。

 

だから、いま悩みを抱える、という事になるんですね。

 

そして、未来については2つの選択肢しかありません

 

1つは、受け入れる

 

もう1つは、変える

 

ただ、ここで大切になるのは、未来を受け入れるか、あるいは変えようとするかのいずれにせよ、そこから「本来の自分とは何だろうか?」といいう問いかけと抱き合わせなんですね。

 

人は未来を考えながら、自分を見つめなおします。

 

そのため、スピリチュアル・カウンセラーはクライエントの「未来」に目を向けながら、「いま、どうあるべきか」という点をクライエントと共に考える必要があるんですね。

 

その結果、クライエントは「未来」を通して「いまの自分」を取り戻すようになるのです。

 

そのため、スピリチュアル・カウンセラーは常に「未来」を視野に入れておく必要があります。

 

ではでは!

 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

スピリチュアル・カウンセラー養成学校については、こちらをご覧ください

 

 

スピリチュアル・カウンセラー養成講座については、こちらをご覧ください

 

占いカウンセラー養成講座については、こちらをご覧ください

 

スピリチュアル・セッション、占いカウンセリングセッションは以下をご覧ください

 

メルマガでは定期的な情報発信をしています。ぜひご覧ください!

 

お問合せ等はこちらからお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!

Instagram